クロマーマガジン

お役立ちカンボジア情報が満載!
現地発のマガジン&総合情報サイト「クロマー」。

ホーム 遺跡観光 アンコールトム

アンコールトム

Angkor Thom

アンコールトム
年代12世紀後半宗教仏教
創設ジャヤバルマン7世入場料アンコールパス
必見度 星5つ 入場時間-

「大きな都」を意味するアンコールトムは一辺約3km、ほぼ正方形の形状で、クメール時代最大の都城であったとされる。
1177年、ベトナムのチャンパ族により一時的に王都は陥落したが、ジャヤバルマン7世の指揮のもと4年後には奪還に成功した。

中心にあるバイヨン寺院、王宮からはまっすぐな道が伸び、四方にある大きな門へと続く。
周壁外には環濠があり、それにかかる橋には神々と阿修羅が大蛇ヴァースキで綱引きをしている乳隗攪拌の様子がある。
これは中心にあるバイヨン寺院が不老不死の薬アムリタを生み出したマンダラ山であると言うことを示している。

アンコールトム内遺跡

ゆっくりまわるなら・・・


Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト