ホーム 新マガジン記事 特集: 自然に帰ろう。 南カンボジア 癒しのリゾート

カンボジアクロマーマガジン2号

自然に帰ろう。 南カンボジア 癒しのリゾート

[取材・文・写真・制作] クロマーマガジン編集部

 近ごろ話題のエコツーリズム。カンボジアでも無垢な自然に癒される、素敵なリゾートが増えています。今回はその中からここ1年ぐらいの間で、沿岸地方にオープンしたとびきりの4軒をご紹介。

まだまだみんな知らない南カンボジアへ、行ってみませんか?

 

 

碧い山並みを望む、隠れ家的なリバーリゾート登場

カンポット州西部にあるボーコー山、そこから流れ出るコンポンバイ川の畔の集落。長閑で美しい時間が流れるこの場所に魅せられた一人のフランス人が、昨年小さなリゾート「サバイ・ビーチ」をオープンした。

 同施設はコンポンバイ川の小さな中洲に造られたデッキとレストラン、それを取り巻く水辺に建てられたウッドバンガローから構成されている。ただ、取り分け何かする事ややる事が用意されているわけでない。むしろデッキやレストランにあるビーチチェアにもたれて「何もしない時間」を愉しむ為の空間が用意されているというところが、このホテル最大の魅力といえるだろう。

 中洲から一望できる青々としたボーコー山系の景色。時の流れと共に表情を刻々と変化させていく山並みと、広々とした空。特に日が沈む時のノスタルジックな情景は、記憶に焼き付くような鮮やかさがある。

 また地元産の香辛料や花、果実などを使用した目にも愉しい7種のオリジナルカクテルが、ゆっくりと過ごす上質なひと時を彩ってくれる。

 

サバーイ・ビーチ /Sabay Beach
Add: Riverside Road, Ordnung Chimern Village, Kampong Kreng Commune, kampot Disctrict, Kampot Province
Tel: 031-417-9304
Web: www.sabaybeach.com
PREMIUM TREEHOUSE-2 rooms / 43sqm, 1 King Size bed
PREMIUM RIVERFRONT BUNGALOW-2 rooms / 16sqm, 1 King Size bed
BEACH BUNGALOW-2 rooms / 16sqm, 1 King Size bed

 

 

半世紀の時を経て再び開業、格調高いアールデコの洋館ホテル

 常夏のカンボジア。フランス植民地の統治者たちも、この暑さには参ったことであろう。そんな彼らを引き付けたのが標高1,000mにもなるボーコー山。一年を通じて清涼なこの地は、王族やフランス人エリートたちの避暑地として開発され、また西洋野菜の栽培や酪農などが行われた。1925年には、バンガローしか宿泊施設がなかった山に、高級ホテル「Le Bokor Palace」が開業し、避暑地ボーコーは栄華を極めた。

 その後第二次大戦中には一度閉業されるも、仏領から独立後に一度再建。しかし70年代にカンボジア内戦が勃発すると山は荒廃し避暑地は廃墟と化した。

 その中ソカグループによる投資により、今年2月に40年近くもの時を経て、3度目の開業の日を迎えた。欧州よりタイルや家具を輸入し、建設当初の建物を再現。館内は優雅なアールデコ様式のインテリアに輝いている。

 レストランでは仏領時代に提供されていたフレンチメニューや、クメール宮廷料理などを提供。エレガンスで奥深い体験のできるホテルとなっている。

 

ル・ボーコーパレス/ Le Bokor Palace
Add: Bokor Mountain, Teuk Chhou District,Kampot Province
Tel: 033-683-9999
Web: www.lebokorpalace.com
THANSUR ROOM-10 rooms / 18.5-25sqm, 1 King Size bed
BOKOR SUITE-8 rooms / 35-40sqm, 1 King Size bed
SOKHA SUITE-13 rooms / 42-46sqm, 1 King Size bed
THANSUR SUITE-4 rooms / 50sqm, 1 King Size bed
PALACE SUITE-1 room / 90sqm, 1 King Size bed
*some category rooms is under renovation.

 

 

ロン島南西部の楽園ビーチで過ごす、ラグジュアリーな休日

 

 昨年末にロン島ソクサンビーチにソフトオープンしたザ・ロイヤルサンズ。同じ島内にあり、西洋人バックパッカーの間で人気のコットーイビーチとも異なる、鮮麗な自然を感じられる熱帯の海がここにはある。

 ソクサンビーチは別名ロングビーチとも呼ばれ、全長7kmにも及ぶ砂浜で、歩くとキュッキュと音がする「鳴き砂」となっている。その内およそ500mを占めるザ・ロイヤルサンズの敷地は、同ビーチでも取り分け美しい白浜とセルリアンブルーの海が広がっている。

 建築はモダンな白と、トロピカルなヤシ葺きを融合した柔らかとしたデザインで統一されている。またレストランでは、近海で採れた新鮮なシーフードをふんだんに使ったアジアンフュージョン料理を味わえる。

 アクテビティも充実しており、サイクリングやトレッキングの他、カヤック、シュノーケリング、釣りなど自然と直に触れ合えるマリンスポーツも愉しめる。年々カジノシティ化が進む喧騒のシアヌークビルを離れ、自然豊かで静かなカンボジアの海へ、今ひとたび。

 

ザ・ロイヤルサンズ/ The Royal Sands
Add: Soksan Beach, Koh Rong Commune,Preah Sihanouk District,Preah Sihanouk Province
Tel: 078-888-260
Web: www.royalsandskohrong.com
OCEANVIEW VILLA-29 rooms / 79sqm, 1 King Size Bed
BEACHFRONT VILLA-17 rooms / 79sqm, 1 King Size Bed
OCEANVIEW POOL-7 rooms / 147sqm, 1 King Size Bed
BEACHFRONT POOL-10 rooms / 147sqm, 1 King Size Bed

 

 

熱帯モンスーンの緑溢れる、まったりフローティングリゾート

 コッコン州はカンボジアの中でも唯一熱帯モンスーンの気候帯に属し、他とはまた違った趣のある地域で、秘境も多く残っている。その中でも特にタタイ川の下流域は野生動物保護区に位置づけられており、手つかずの自然を堪能することが出来る場所の一つだ。

 そんな場所に昨年オープンした「コッオンダエト・エコリゾート」。ホテルのテーマであるStay with Naturalを体現できると、国内外の旅好きの間で密かに話題となっている。

 ロビーレストランと12棟のヴィラは全て水上に建てられており、360度自然に囲まれた環境。カルダモン山脈から流れ出た川の水は水質も良く、天気が良ければ透明度も高く気持ちが良い。各客室にはカヤックが繫留されており、辺りを自由に散策しに行くことも出来る。

 同リゾート一番人気のアクテビティは午後発のフィッシングツアー。釣り糸を垂れながら夕日を望み、釣った魚をBBQで味わうことが出来る。乾季にはホタルの舞う幻想的な風景を見られることも。

 

コッオンダエト・エコリゾート/ Koh Andet Eco Resort
Add: Koh Andet Village, Ta Tai Kraom Commune, Koh Kong District, Koh Kong Province
Tel: 031-417-9304
Web: www.kohandetecoresort.com
DELUXE DOUBLE-10 rooms / 50sqm, 1 King Size Bed
DELUXE TWIN-2 rooms / 50sqm, 2 Semi-Double Size Beds

 


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia