モノロム滝Monorom Waterfall

センモノロムの中心から西に約5kmで到着する小さな滝である。
周辺は美しい景色やきれいな空気や滝に囲まれていることから、1960年代にはノロドムシハヌーク王が家を建てて住んでいた。
王の家は内戦時代に破壊されてしまったが、1階部分は今も残っている。
中心街から近い場所にあり、週末や休暇には多くの人が水遊びに訪れる。
近くには日本の援助でつくられた発電施設もある。

スポット情報

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia