ホーム 過去のマガジン記事 しるしるみしる国際協力団体!: 地方経済・農業発展機関 READA

カンボジアクロマーマガジン32号

32-Shirushiru-READA

発展が著しいカンボジア。しかし人口の8割もの人々が、今も農村部で貧しい生活を送っている。しかし、中には専門知識がないために、収穫高が伸び悩んでいる農家も多い。そんな地方の暮らしの発展と改善を目的とし設立されたのが、NPO「地方経済・農業発展機関(READA)」だ。2004年の設立以降、専門知識のあるスタッフや支援者が農村を訪れ、最新の農業技術を伝える農業支援プロジェクトを実施している。今ではプロジェクトを通し収穫が増え、市場に野菜を卸して現金収入を得られるようになった農家も多くなった。
 このプロジェクトでは、まず「フィールド・スクール」を設立。ここで農業を学びたいという貧しい人々に、農業技術を教えている。シェムリアップ近郊の農村にある「フィールド・スクール」では、自然の肥料・農薬を使った野菜の栽培や、雨の少ない乾季でも農業ができる「灌漑農業」を指導している。また希望者は、経営や販売のノウハウを学ぶこともでき、マーケティングを実際に体験して、技術を身につけていく。また農業に必要となる健康な体作りにも着目し、栄養価の高い食事の調理法を伝えるための料理教室を開催したり、HIV/AIDSの正しい知識・予防方法の講習会を行っている。
 READAは現在、技術的・経済的支援を行っているが、今後は徐々に支援を減らしていく予定だ。彼らの最終的な目標は、支援カリキュラムを通して知識を得た人々が、同じ地域に住む人々へ知識や技術を共有し、その地域が自立して生計を立てられるようになること。カンボジアの地方農業の安定を目指し、READAは日々活動を続けている。

 

32-Shirushiru-Logo

Rural Economic & Agriculture Development Agency (READA)
Add:Near Phsar Leu Market, Siem Reap
Tel: 012-883701
URL: www.readacambodia.org
E-Mail:sarann.net@readacambodia.org
設立:2004年
訪問:要事前予約

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

バックナンバー

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia