ホーム 過去のマガジン記事 しるしるみしる国際協力団体!: ウォーター・フォー・カンボジア

カンボジアクロマーマガジン36号

ngo_36-waterforcambodia

 病棟で何百人という子供たちが感染症に苦しんでいた。しかし彼らの病気は、飲み水の改善で予防可能なケースが非常に多かったんだ。」2002年、ギュンター氏はシェムリアップのアンコール小児病院を訪れ、悲惨なカンボジア農村の姿を目の当たりにした。

 ウォーターフォーカンボジアは「カンボジアの農村部に清潔な水と、衛生学をもたらすこと」をミッションとし活動するNGO団体である。06年、米国ロータリークラブのメンバー、ギュンター・ハウゼン氏によって設立され、農村部でろ過装置の設置や衛生指導を行っている。ロータリークラブのネットワークを通じて世界各国から寄付や技術支援を募り、これまでに1.4万基のろ過装置を設置、8万人を超える人々の飲み水を浄化してきた。

 02年にカンボジアから米国に帰国したギュンター氏は、カンボジア農村部の飲用水改善プロジェクトを発足。彼が先ず取り掛かったのは、池や川の水を飲料水に浄水でき、現地で生産可能で耐久性の高いろ過装置の開発である。数年にわたる試行錯誤の末、今日の同団体を象徴するろ過装置「バイオサンドフィルター」が完成。06年にNGOを設立し現地での普及活動を開始した。

 バイオサンドフィルターはコンクリート容器に詰めた砂と砂利通して汚れた水を浄化するろ過装置である。水を装置に入れた直後から飲用水が放出される浄化速度の速さや、メンテナンスの容易さ、10年という非常に長い寿命などの利便性が、農村部の生活スタイルに適合し、農村に続々と普及していった。08年には水質検査ラボを立ち上げ、設置したろ過装置から出る水の定期チェックを行い、水系感染症の防止に貢献している。

 ギュンター氏がカンボジアを初めて訪れてから10余年。一人の善心から生まれた活動は、多くの人々に健康を保全してきた。そしてウォーターフォーカンボジアは、今後もより多くの人たちに救いの手を差し伸べ、数多の未来を作りだしていくだろう。

 

Water for Cambodia
Traing Village, Slorkram, Siem Reap
Tel:063-671-1911
E-mail:info@waterforcambodia.org
URL:www.waterforcambodia.org

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

バックナンバー

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia