ホーム 過去のマガジン記事 しるしるみしる国際協力団体!: はちどりプロジェクト

カンボジアクロマーマガジン38号

ngo38-hachidori

シェムリアップから車で2時間、プレイキションという村に「はちどり小学校」はある。ここはNPO法人「はちどりプロジェクト(以下はちどり)」により建設された学校だ。はちどりは、多くの子どもが学校へ通えるよう、2011年1月に学校建設を目的として活動を始める。建設地を決めるために国内で学校の無い地域を調査。その中のひとつだったプレイキション村では、当時普通の民家で授業が行われていた。実地調査を行った際の学校建設に対する村長と教師の熱意や協力に胸を打たれ、はちどりはプレイキション村を選び、同年11月に建設を開始。多くの人々の力を借り、翌年2月に学校が完成した。

 だが、学校があっても通えない子ども達がいることを知る。村の95%は米農家で、その多くは農閑期(11月から5月)に子ども達を連れ出稼ぎに行く。その後学校に戻っても、授業についていけず、学校に行かなくなる子が多いのだ。そこではちどりは、子ども達が継続的に通学できるよう、常に村で大人達が働ける場所を作るため、現地でとれる「コー(パンヤノキ)の実」を使った独自の紙を作る産業を新たに興した。そして、2014年3月に村に工房を建て、村の人々を従業員として雇い、紙の生産を開始。この紙を『オークン・コー』(オークン=クメール語で「ありがとう」)と名付け、カンボジア従業員が一枚一枚心を込め、原料加工から紙漉きの工程まで手作業で作っている。完成した紙は商品に加工し、シェムリアップのナイトマーケットで販売している。

 現在の紙すき工房の従業員数は約10名。まだまだ多くないが、今後、村の全129世帯に1人ずつ従業員がいる状態にしたいという。そして、紙すき産業を村に定着させ、彼らの力のみで運営できるように、はちどりは活動を続けていく。

 

NPO法人 はちどりプロジェクト
Add: 神奈川県横浜市青葉区榎が丘 32-1-B207(本部)
Tel: +81-80-3262-0750
E-mail: hachidori2011@hotmail.co.jp
HP: www.hachidori2011.jimdo.com

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

バックナンバー

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia