クロマーマガジン

お役立ちカンボジア情報が満載!
現地発のマガジン&総合情報サイト「クロマー」。

ホーム 遺跡観光 プノンバケン

プノンバケン

Phnom Bakheng

プノンバケン
年代9世紀後半~10世紀初頭宗教ヒンドゥー教
創設ヤショーバルマン1世入場料アンコールパス
必見度 星4つ 入場時間早朝〜17:30(入山禁止になる)

ロリュオス地方からアンコール地域に遷都され、最初に築かれた山岳寺院。
76mの正方形の寺院には108本の小祠堂が建ち、その中央に少し大きめの祠堂が残る。

プノンクロム、プノンボックとともにアンコール三聖山のひとつとされる。
夕日鑑賞のベストポイントとして知られており、アンコールワットを一望できる(17:30には入山禁止)。
また、朝日鑑賞も人気だが夜明け前の山道を通らなければならないため、個人で行くのは避けたほうが無難。
寺院までは徒歩15分ほどの長い山道だが、夕方だと象に乗って上り下りできる(上り20US$、下り15US$)。

プノンバケン
プノンバケン
プノンバケン
プノンバケン
ご注意


Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト