ホーム 過去のマガジン記事 アツイぜ!カンボジアサッカー: 佳境のCリーグ。優勝の行方は?

カンボジアクロマーマガジン33号

急な日程変更により、7月末で全日程が終了することに。現在首位を走るのは、破壊力抜群のプノンペンクラウン。優勝争いはトップ3に絞られた印象です。4位争いを繰り広げているのは、日本人所属の3チーム。4位以内に食い込めば、リーグ戦終了後に開催されるチャンピオンシップへの出場権が得られます!下位2チームは、2部チームとの入れ替え戦に回ります。最下位のアルビレックスですが、最近は中位のチームに勝ち点を獲得しており、チーム状態が良くなってきた印象です。最後まで何が起こるか分かりません!さー、ココからもっと熱く、面白くなりますよ~。是非スタジアムへ!!

11June_League table

 

唐木田徹のここが喝!

Photo_karakida

フェアプレー。相手競技者(「敵」ではない)の安全に配慮してプレーすること。勝利至上主義のカンボジア「カンフー」サッカーに未来なし!フェアプレープリーズ!

唐木田徹: Jリーグ審判14年を経て2008年よりサッカー連盟審判統括責任者(JICAボランティア)

 

schedule_ff_33

 


GFA Soriya(ジーエフエーソリヤ)

日本人プロサッカー選手太田敬人(BBU所属)がメインで指導を行うサッカースクール運営を中心に、サッカー関連事業を行う。今年はプロチーム運営にも参画予定。
Facebook : GFA Soriya-Cambodia

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

バックナンバー

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia