ホーム 過去のマガジン記事 アツイぜ!カンボジアサッカー: Cリーグ史上初!日本人選手対決で2014年シーズン開幕

カンボジアクロマーマガジン31号

Soccer-1

2014年1月25日はCリーグにとって記念すべき日となりました。開幕戦で史上初の日本人選手対決が実現したのです!BBU(太田選手、山形選手)対トライアジア(木原選手、伴選手)。今季は日本人旋風が吹き荒れています。2011年は日本人選手が1名、2012年に2名、2013年は3名と徐々に増え、今年はなんと17名!1チームの外国人選手の登録は5名までですが、その中で12チーム中半数のチームに日本人選手が在籍しています。開幕戦以降も日本人対決が次々と実現。トライアジア対アルビレックス、BBU対ポリス等。いやーすごい時代になりました。皆様、大和魂を観に是非会場へお越しくださいませ!

 

壱岐友輔のここが匠!

Soccer-3

カンボジア人選手は、独特のリズムと感性を持っており、攻撃面では大きな可能性を感じています。ただ、守備は…。日本選手にお手本を見せて欲しいですね。

壱岐 友輔 :2014年ベガルタ仙台よりJICA隊員としてカンボジアU-13代表監督就任。

Soccer-2

 

 


GFA Soriya(ジーエフエーソリヤ)

日本人プロサッカー選手太田敬人(BBU所属)がメインで指導を行うサッカースクール運営を中心に、サッカー関連事業を行う。今年はプロチーム運営にも参画予定。
Facebook : GFA Soriya-Cambodia

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

バックナンバー

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia