ホーム ニュース 国際 関西発、プノンペン・ヤンゴン便が就航

関西発、プノンペン・ヤンゴン便が就航

新関西国際空港株式会社は8月22日、ミャンマー国際航空(8M)が10月8日より関西=プノンペン・ヤンゴン線の定期チャーター便を就航させることを発表した。往路はプノンペン経由でヤンゴンへ、復路はヤンゴンより直行で関西へ飛ぶ。 関西空港からヤンゴンへの定期的なフライトは15年ぶりであり、カンボジアへの直行便は開港以来初となる。

スケジュールは以下の通り。


<往路/8M9006便>  
関西(13:00)→プノンペン(16:00/17:00)→ヤンゴン(18:00)
<復路/8M9005便>  
ヤンゴン(01:00)→関西(08:30)


○機材仕様
エアバスA319、全124席(エグゼクティブ10席/エコノミー114席)


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia