ホーム 遺跡観光 ライ王のテラス

ライ王のテラス

Leper King Terrace

ライ王のテラス
年代13世紀前半宗教仏教
創設スーリヤバルマン7世入場料-
必見度 星3つ 入場時間-

象のテラス北側にある高さ約6mのテラスで、壁面にはナーガや神々の彫刻が施される。

テラスは二重で、内側にも神々などが彫られており、上部テラスにはライ王像のレプリカ(本物はプノンペン博物館)が残る。
この王はライ病(ハンセン氏病)を患って亡くなったと言われており、三島由紀夫の戯曲「癩王のテラス」の題材となった。

ライ王のテラス


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia