ホーム 新マガジン記事 特集: 持続可能な未来を考える Think about Sustainability -PLASTIC FREE CAMBODIA-

カンボジアクロマーマガジン9号

持続可能な未来を考える Think about Sustainability -PLASTIC FREE CAMBODIA-

[取材・文・写真・制作] 谷岡 郁子

ブティックホテルから発信する環境へのイノベーション

Mulberry Boutique Hotel / マルベリー・ブティック・ホテル

ここマルベリー・ブティック・ホテルは、中心地から少し離れたアットホームな雰囲気のブティックホテルだ。居心地の良い雰囲気がゆったりとした滞在を約束してくれる。また、ここはプラスティック・フリーへの積極的な取組がなされている場所でもある。カンボジアのプラスティックの問題は、使い捨てプラスティックの多さにある。ここでは、ホテル内で使用される使い捨てプラスティックをなくすことを目標に、着々と新しい取り組みを進めている。ゲストに対しても、リフィルボトルでの飲料水の提供で、使い捨てプラスティックを減らすよう促しているが、全ては心地よい未来の為、ゲストもスタッフも楽しめる雰囲気が伝わる取り組み方が心地よい。

This hotel is a boutique hotel with a homey atmosphere. The cozy atmosphere promises a relaxing stay. This is a place where active efforts are being made for plastic-free. One of the problems of plastic garbage in Cambodia is due to the large number of single-use plastics. They are steadily promoting new initiatives with the goal of reducing the single-use plastic used in hotels by 100%. Because everything is for a pleasant future, their approach for plastic-free is pleasant that conveys an atmosphere that guests and staff can enjoy this activity.

 ゲストはこのホテルに滞在することで、プラスティックフリーの生活を体験し、価値を知る。ランドリーバックは綿のものを、ゲストの買い物をする際はエコバックを提供。飲料水はホテルから提供されるリフィルボトルで、ホテル内は勿論、市内の給水ステーションでいつでも給水できる。ゲストにこうしたサービスを喜んでもらい、環境に対する活動をホテルを選ぶ要素の一つとして認識してもらうことが重要だと考えている。現在では、予約の大半がホテルのこうした活動を知り、それを理由にホテルを選んでいるゲストによるものだ。

 During staying here, guests can experience a plastic-free life and know the value. Laundry bags are made of cotton, and eco-bags are provided to guests for shopping without plastic-bag. Drinking water is a refill bottle provided by the hotel and can be supplied at any time at the water station in the city as well as in the hotel. We believe it is important to make guests happy with these services and to make guests to recognize that environmental activities as one of the factors in choosing a hotel. Today, the majority of bookings come from guests who know these activities and choose a hotel for that reason.


環境に優しいアメニティを採用するホテルに宿泊することは、ゲストにとって、宿泊することがそのまま環境を守る活動に参加することになる。

Staying at a hotel that uses eco-friendly amenities means that staying in the hotel will be part of the activities that protect the environment.

 

 ホテルで使用するプラスティックを減らすことは勿論の事、日々ホテルで働くスタッフへ、どうしてプラスティックを減らす必要があるかを理解できるよう教育も進めている。実際に大勢のホテルスタッフが出すプラスティックゴミも大きな割合となる。ここでは、働くスタッフ全員にPFSEA(Plastic Free Southeast Asia)が提供するワークショップを受けてもらい、活動に関しての理解を進めている。

 In addition to reducing the single-use plastic waste at hotels, they are also educating staff working at hotels to understand why they need to reduce plastics. Here, all working staff have joined workshops provided by PFSEA (Plastic Free Southeast Asia) to understand about plastic-free activities.

 ホテル周辺の清掃活動は勿論、地域への清掃活動へも積極的に参加。また、ホテル周辺の緑化も積極的に行っている。事業をする地域の環境を守り、より良いものにする事は義務だと考えている。

 They actively participate in community cleaning and tree planting activities not only around the hotel. They call these cleaning activities “social responsibility”.

———- Hotel Data ———-
Mulberry Boutique Hotel
ADD : Phum Steng Tmey, Preah Sangreach Tep Vong St, Siem Reap
TEL : +855-(0)63-968-283
E-MAIL : info@mulberry-boutiquehotel.com
WEB : www.mulberry-boutiquehotel.com
—————————————-

続きを読む 1 2 3 4


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia