ホーム 新マガジン記事 特集: 編集部がお勧めするストリートフード

カンボジアクロマーマガジン6号

編集部がお勧めするストリートフード

[取材・文] 谷岡 郁子, 岡 克哉, Laura May, 小山 彩花 [写真] 谷岡 郁子, 岡 克哉, Laura May, 小山 彩花 [制作] 岡 克哉

 

働くオヤジの心強い味方
絶品ストリートフード(Siem Reap)

鉄板の朝ごはんから夜ごはんまで

 朝食から夕食、また夜のお酒のお供まで、各シーンで人気の屋台をご紹介。カンボジアの屋台飯の定番メニューである、串焼き、麺料理、BBQの特におススメなお店をピックアップ!かなりマニアックな店もあるが是非足を運んでみて欲しい。

 

メニューは牛レバーと牛串のみ

こだわってるから美味しいんです!

khmer BBQ / クメール バーベキュー

 メニューは牛肉と牛レーバーの串焼きのみ。ショウガのきいた甘酸っぱいなますとヌンパンを添えて食べるのが定番。4時ごろから店の前は立ち寄る客のバイクでいっぱいに。営業時間中はほぼ満席の人気店だ。持ち帰りの客も多く、たくさんの牛串を抱えて帰るお父さんの姿も。牛串は脂身の多い部位を使用し、濃い甘辛い味付け。レバーはややあっさりとした味で、噛めば噛むほど旨味が出る。1本2000リエル。

住所 : Wat Damnak Sangkat Salakamrek / 電話 : – / 営業時間 : 16:00-20:00

 

麺だけどがっつり鉄板の鴨スープ麺

Mikeav / ミーティウ

 地元の人に人気のローカル食堂。朝は麺料理を中心に、夕方からは色んなクメール料理が楽しめる大衆食堂だ。自慢の鴨スープ麺はあっさりしたスープの卵麺に鴨とワンタンがトッピング。鴨はパリパリの皮とジューシーな肉でボリューム満点。もやしと大豆を発酵させた調味料をお好みで入れていただく。朝からガッツリ食べたい男性も満足の肉系朝食麺だ。

住所 : St. Preah Sangreach Tep Vong / 電話 : – / 営業時間 : 5:00-20:00

 

見た目はきついが味は間違いなし!

Jeav Ta Samnang / チュオップ・タエ・ソムナン

 日中は何の変哲もない路地だが、夕方になると突如テーブルやテントが張り出され焼き肉と鍋の店になる。部位別に焼かれた牛肉とアヒルの焼き肉が自慢。牛肉(1皿2.5US$)は甘辛い味付けに生胡椒がアクセントになっている。アヒル(半身で5US$)はしっかりした食感の皮の下にジューシーな肉がたっぷり。焼き肉はいずれもたっぷりの生野菜と特製のプラホックのタレや、チリソース、生のニンニクを調味液につけたもので頂く。ビールがついつい進む大人の屋台だ。

住所 : River side / 電話 : 077-477-673 / 営業時間 : around 16~23:00

 

街並みは変われど
味は変わらず安定の味チュナンダイ

Krab Psa Ler / コーラップ・プサー・ルー

 シェムリアップの台所、プサー・ルーの向かいにあるブタの顔面焼き肉と鍋のお店。夕方になるとお店の正面で黙々とブタの顔面を焼き続けるお店のおじさんが目印だ。おすすめは、チュナンダイと言うスープ鍋。豚からとったコクのあるダシに醤油などで味付けしたスープに、空芯菜などの野菜と豚のコラーゲンゲンたっぷりの部位を煮込んで食べる。プルプルの豚肉にコクのあるスープがしみて、ビールが進む味だ。

住所 :National Rd. 6, in front of Phsar leu / 電話 : 012-472-646 / 営業時間 : 18:00-23:00


誌面版はこちら!
https://amzn.to/2XgcVj9

続きを読む 1 2 3 4 5


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia