ホーム 過去のマガジン記事 カンボジア人との働き方を考えよう!: その1:カンボジア人の良いところ

カンボジアクロマーマガジン41号

 こんにちは!カムアップジョブの佐藤奈緒です。
 1:良い意味で、カンボジア人は子供です。
 とても素直なので「褒めて伸ばす文化」が創りやすい。目標もゲームのようにワクワクする形で設定して、達成時にしっかりと褒めれば、皆楽しみながら仕事をしてくれます。逆にマネジメント側が未熟で、怒鳴ったりすれば、直ぐにマイナスの反応を示します。人間力が磨かれますね!
 2:良い意味で、プライベートを大切にします。
 家族を病院に連れて行くために会社を休む事すらあります。私も最初の頃は信じられませんでしたが、実は他国でも起こる事です。日本人もアフター5で自己研鑽したり、週末をうまく使ってリフレッシュしたりと、実務以外の時間を過ごす事で、仕事の成果が上がるのでは?
 3:良い意味で、giveの文化が根付いています。
 損得勘定を脇において、良い事をできる。人材紹介業であれば、候補者担当は候補者にとってベストな選択を、企業担当は企業にとってベストな選択を真剣に考えてくれます。時には、会社としては困ってしまう事もありますが、若い子にもその文化は根付いていて頼もしい限りです。
 他にも英語力が高い、気が利く、外国文化を受け入れる器がある、最初に取り決めをしておけば遵守する傾向がある…等々。
 私自身が痛い目に合いながら学んだ事ですが、カンボジア人のマネジメントでは「まずは相手の良い所を見て、褒める事(=美点凝視)」こそ肝ではないでしょうか?

佐藤 奈緒 さとう なお
福岡出身の28歳、修猷館高校・九州大学卒、日系人材紹介会社である
CamUP Job Agency(日本人2名、カンボジア人23名が在籍)の現CEO。
jinzai_satou

 


佐藤奈緒

福岡出身の28歳、修猷館高校・九州大学卒、日系人材紹介会社であるCamUP Job Agency(日本人2名、カンボジア人23名が在籍)の現CEO。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

バックナンバー

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia