ホーム 遺跡観光 アンコールワット

アンコールワット

Angkor Wat

アンコールワット
年代12世紀前半宗教ヒンドゥー教
創設スーリヤバルマン2世入場料アンコールパス
必見度 星5つ 入場時間早朝-17:00

アンコールワットの語意は「お寺の町」。東西約1.5km、南北約1.3kmの環濠に囲まれた、幅約190m、長さ600m程もある大規模な寺院。
ヒンドゥー教の三大神ヴィシュヌ神に捧げるための建造物と言われるが、王自身の墳墓として造られたとの説もある。それは西が「死」を意味する方角であり、この寺院も西向きに建てられているからである。

アンコールワットの中央伽藍は須弥山を具現している。

周囲の尖塔はヒマラヤ連峰、そこへと続く真っ直ぐな参道は、現世と天界を結ぶ虹だという。そして外側の環濠は大海、その周囲には深い密林が広がっている。長編叙事詩が描かれた第一回廊、第二回廊を越え、第三回廊へと続く急な階段を登ると「神の住む場所」は目の前だ。
塔内には優美な女神、デバターたち。それら全てとの出会いのセレモニーを経て辿り着く、中央に堂々と聳え立つ塔の懐内は、王と神々とが一体化する聖域だ。

/angkor_pass/”>▶ アンコール遺跡パスの購入について


facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia