ホーム 過去のマガジン記事 特集: 文化系お散歩プラン ~プノンペン、シェムリアップのギャラリー&博物館めぐり~

カンボジアクロマーマガジン33号

文化系お散歩プラン ~プノンペン、シェムリアップのギャラリー&博物館めぐり~

[取材・写真] 吉田 有雅 / 小林 真之輔 / 岡 克哉 [制作]多賀 史文 (クロマーマガジン編集部)

プノンペン:プノンペン60’sコース(所要時間7時間)

32-f2-2_map

プノンペンの街に受け継がれる、内戦前のカルチャーを訪ね歩くコース。レトロな感覚にどっぷり浸ろう。

 

①15:45 目にも鮮やか!60’sグラフィック

32-f2-2-1-2

 一件目に訪れるのは、ロシアンマーケット内にあるショップ「ヴィンテージ・ショップ」。ここでは60~70年代のレコードジャケットや映画ポスター、クメールロックCDなどを販売している。中でもシン・シサモットやロ・セレイソティアなど、往年のスターのポスターが人気商品。当時の華々しいポップカルチャーに触れ、一気に60年代にタイムスリップしよう。

ヴィンテージ・ショップ VINTAGE SHOP
住所 : Shop No.807, Russian market
電話 : 017-795159
営業時間 : 10:30-17:00

 ②16:30 戦前の大衆娯楽に触れる

32-f2-2-2jpg

 次に訪れるのは、カンボジア内戦の戦火と粛清を逃れ、現在まで残ったフィルムやレコードを誰でも楽しめる施設「ボパナ音響映像資料館」。ここでは40年代の映像資料や60年代の映画・レコードなど、数千種類の資料を無料で視聴することができる。また当館では毎週土曜日にカンボジアに関するフィルムの上映会を行っている。

ボパナ音響映像資料館 VINTAGE SHOP
住所 : No.64, St.200
電話 : 023-992174
営業時間 : 8:00-12:00/14:00-18:00(定休日 : 土曜午前、日曜)

③18:15 60’sの影響色濃い人気ロックバンドの公式ショップ

 32-f2-2-3

 3件目におとずれるのは、 カンボジア60’sテイストを取り入れたバンド「カンボジア・スペースプロジェクト」の公式ショップ「スティッキー・フィンガース」。ここでは60’sの音楽シーンにインスパイアされたレトロな雰囲気のポスターやポストカード、オリジナルCDを販売しており、現代に受け継がれた60’sカルチャーの姿を見ることができる。

スティッキー・フィンガース Sticky Fingers
住所 : Golden Sorya Mall 2F, No.29
電話 : 092-338177
営業時間 : 10:00-19:00

 ④19:15 60’s クメールロックサウンドを肴に一杯

32-f2-2-4

  4件目に訪れるのは、ロックファンで賑わうリバーサイドのバーレストラン「ガレージ・バー」。店内ではいつもオールドな雰囲気のロックミュージックがかかっており、英語の楽曲に混じってクメールロックも聞くことができる。また、アメリカンクラシックなハンバーガーが絶品と評判だ。

ガレージ・バー Garage Bar
住所 : No.9, St.110
電話 : 012-754763
営業時間 : 16:00-1:00

 ⑤21:45 散歩の最後に迫力満点のライブ!!

 32-f2-2-5

  最後に訪れるのはリバーサイドのSt.118にある「メンフィス・パブ」。店内に入るとバーカウンターにテーブルが数台、そしてステージ!実はこの店バンドのオーナーが経営しており、毎夜22時からロック&ポップスライブが開催されている。かなりの頻度でクメールロックの楽曲も演奏しており、大迫力の60’sロックを目の前で楽しむことができる。60年代の人々が歌った曲に聴き入り、散歩を振り返ろう。

メンフィス・パブ Memphis Pub
住所 : No.3, St.118
電話 : 016-959163
営業時間 : 18:00-Late/Live 22:00-   (定休日 : 日曜)

続きを読む 1 2 3 4


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia