ホーム 過去のマガジン記事 特集: カンボジアシルク 時を越えて受け継がれる伝統

カンボジアクロマーマガジン40号

カンボジアシルク 時を越えて受け継がれる伝統

[取材・文・撮影] 多賀 史文 [撮影] 岡 克哉 [制作] 田中 友貴(クロマーマガジン編集部)

カンボジアシルクと出会える場所-シェムリアップ

クメール伝統織物研究所 IKTT

F1_IKTT1

カンボジアシルク研究の第一人者である森本喜久男氏の設立したNPO団体。内戦終結後の90年代より、国内で絶滅していたカイコを東北タイより移入し、内戦を生き延びた老織匠の女性たちと共にホールやピダンなどの復興活動を行ってきた。シェムリアップ市内の工房ショップでは自然染色や手織りなど伝統的なシルク作りの工程を見学でき、ショップでは工房で織られたカンボジアシルクの展示販売を行っている。またかつて農村部で営まれていた伝統的なシルク生産を取り戻す「伝統の森プロジェクト」を立ち上げ、シェムリアップ郊外のピアックスナエン地区で養蚕や染色を行う職人村作りを行っている。

住: No. 472, Viheachen Village, Svay Dangkum, Siem Reap
電:063-964437 / 012-924617 HP:www.ikttearth.org
時:8:00-18:00(工房9:00-12:00/14:00-17:00) MAP:①A-4

ゴールデンシルク Golden Silk

F1_goldensilk1

内戦後、技術継承者が途絶えていたチョラバップの復興を行うNGO団体。戦前に織られた布や残された織機から、失われてしまっていた高度な紋織り技術を甦らせた。シェムリアップ郊外のピアックスナエン地区にある養蚕・機織工房は予約をすれば見学可能。新しい紋織り柄の開発も行っており、併設のギャラリーショップでは様々なカンボジアシルクを見ることができる。

住: Tropaing Ses Village, Korchork, Siem Reap
電:063-964656 / 012-596811 HP:www.goldensilk.org
時:8:00-18:00(工房9:00-12:00/14:00-17:00) MAP:-

アンコールシルクファーム Angkor Silk Farm

F1_silkfarm1

カンボジアの伝統工芸復興活動を行うフランス系職業訓練校が運営するシルク工房。シェムリアップより西15kmほどに位置するプオ地区のシルクファームでは、養蚕から製糸、染め、機織りなどの工程をエキシビションとして見ることができる。併設のショップではシルクを使った雑貨やファッションなどの販売もしている。また市内や空港のショップでもシルクを購入できる。

住: Puok District, Siem Reap
電:063-5555768 HP:www.artisansdangkor.com
時:8:00-17:00(ショップは17:30まで営業) MAP:-

カンボジアシルクと出会える場所-プノンペン

ピダンクメール Pidan Khmer

F1_pidankhmer1

プノンペン周辺の州で幼児教育や職業訓練などを行うNGO団体「CYK(Caring for Young Khmer)」が運営する織物製品を取り扱うショップ。CYKは2003年の活動開始以降、タケオ州のトロピエンクラサン村の織物研修センターで織物職人の育成を行い、一年間の技能研修プロジェクトを通じて現在までに200人近い職人を輩出している。カンボジアの伝統織物、特にピダンの復興に力を注いでおり、職人育成だけでなく、流通路のマネジメントなどを通じて職人の労働環境の向上にも努めている。プノンペン市内にあるショップでは、ピダンやクロマーなどを販売しており、ピダンの品揃えは国内随一である。

住: No. 170, St. 63, BKK1, Chamkarmon, Phnom Penh
電:023-210849 HP:www.cyk.org.kh
時:9:00-18:00 MAP:④A

ソバナブティック Sobbhana Boutique

F1_sobbana1

ノロドム・シハモニ国王の義姉マリー王妃が、カンボジアの女性の地位向上を目的として設立したソバナ財団の運営するショップ。伝統的なカンボジアシルクの技術を復興し、女性職人を育成して、彼女たちによって作られたシルク製品を販売している。店内にはシャツ、ストール、サイフ、バッグ、小物入れなどシルク製品が多く並ぶ。

住: No.23, St.144/49, Phsar Thmey, Daun Penh, Phnom Penh
電:023-219455 HP:www.sobbhana.org
時:9:00-18:00 MAP:①C-3

セントサシルク SentoSa Silk

F1_sentosa1

2004年に創立された老舗シルクテイラー。シルク製の伝統衣装やドレスの他、クッションカバーなどのホームテキスタイル、お土産用の小物も多く扱う。シルクはタケオ州、コンポントム州、プレイベン州などで織られた国内産。ホールとチョラバップの品揃えが豊富。日本のグッドデザイン賞を受賞しており、一部商品は東京の着物店で販売されている。

住: No. 33, Sothearos Blvd., Corner of 178, Daun Penh, Phnom Penh
電:023-222974 HP:www.sentosasilk.com
時:8:00-18:30 MAP:①D-3

 

 

続きを読む 1 2 3 4 5


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia