ホーム 街歩き ラアンスピアン洞窟

ラアンスピアン洞窟La Ang Spean Cave

町からパイリン方面に41km。カンボジアの小学校の教科書にも出てくる有名な新石器時代の洞窟遺跡。

内部からは石器、土器、貯蔵庫(貝塚)が発見された。1965年フランス人により発見された紀元前4500年頃の遺跡。(別説では6800年とも)

調査によると5つの時代、文化が確認されており、約5000年に亘ってこの場所に人々が暮らしていたとされる。

プノンタックトラン(Phnom Teak Trang/15m)の山中にある。

スポット情報

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia