タグ検索-固定ページ|タイ国境

  • プレアヴィヒア州

    カンボジア北東部に位置し、タイと国境を有している。以前はトベイミエンチェイと呼ばれていたが、プレアヴィヒア寺院が世界遺産となった際に州名を変更した。 州都から寺院までは未舗装道で110kmあり、シェムリアップから行く場合

  • パイリン州

    プノンペンより北西部、シェムリアップより西部に位置する小さな街。 80~90年代にかけクメールルージュの地方拠点であったため、現在でもかなりの数の地雷が埋まっており撤去作業が行われている。 また主な産出物は宝石であったが

  • バンテアイミエンチェイ州 (ポイペト)

    プノンペンより北西部、シェムリアップより西部に位置する。見所としては大型のクメール寺院、野鳥保護区などがある。 多くのバックパッカーは陸路でタイとの国境ポイペトから入国し、主要都市へと移動する。2009年4月にかつての悪

  • バッタンバン州

    プノンペンより北西部、シェムリアップより西部にある大きな街で、タイからプノンペンへの陸路輸入の中継地点となる。 州面積は広いが西部の一部を除いて大半は平野となっている。クメール遺跡や内戦時の史跡など、見所は多く、2~3日

  • コッコン州

    プノンペンより西部に位置し、タイランド湾に面した港町。 タイとの国境を有しているが、プノンペンやプレアシハヌークまでのアクセスがいいとは言えず、ポイペトの国境ゲートと較べると利用者は少ない。 街は国境カジノエリアと、中心

  • ウドーミエンチェイ州

    シェムリップ北部に位置する街であり、タイと国境を有する。 州都サムラオンの意味は「深い森」である。 内戦終了後もアンロンベン地域を中心にクメールルージュ、ポルポトや幹部がいたため、州都よりもアンロンベンの方が有名である。

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia