クロマーマガジン

お役立ちカンボジア情報が満載!
現地発のマガジン&総合情報サイト「クロマー」。

ホーム 遺跡観光 コンポンチュナンの遺跡

コンポンチュナンの遺跡

Ruins in Kampong Chhnang

コンポンリエン地域 – Kompong Leaeng Area

コンポンリエン地域

プナリエイ、トノンプダイ、プレアスレイ、ソークローなど、扶南時代の遺跡が残っている地域。
コンポンレアンは町から船に乗って約20分で到着する陸の孤島。3月~4月には他の小遺跡見学が可能となる。

プノンプレアティアット – Phnom Preah Teat

プノンプレアティアット

町から南西に55km程度。25mの高さを誇るリンガ岩が小さな丘の上に立ち、岩の下には10世紀にジャヤバルマン4世により作られたラテライトのクメール寺院が残っているが、レンガの祠堂は7世紀初頭の物。残されたリンガはプレアンコール様式、リンテル、まぐさ石はサンボール美術様式。
アンコール時代より聖地として崇められており巡礼するものが後を絶たないという。
プレアンコールの碑文に残るリンガパルバダ(リンガの都)はこちらの遺跡のことではないのかと研究されている。



Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト