クロマーマガジン

お役立ちカンボジア情報が満載!
現地発のマガジン&総合情報サイト「クロマー」。

ホーム 遺跡観光 チャウスレイヴィボル

チャウスレイヴィボル

Chau Srei Vibol

チャウスレイヴィボル
年代11世紀頃宗教ヒンドゥー教
創設スーリヤバルマン1世入場料-
必見度 星3つ 入場時間-
チャウスレイヴィボル

プノンボック近くにある中型寺院でベンメリアへと延びる王道沿いに位置する地方拠点寺院。

自然の丘を利用して建造され、シヴァ神を祀った寺院であるが、それほど修復の手も入っておらず自然崩壊が進んでいる。
ラテライトで作られた幅広階段や小窓の密閉型寺院など、他と較べると変わった雰囲気をかもし出している。

寺院の外周は東西に1キロ、南北に800メートル。内側の周壁の高さは4メートル程度で、東西200メートルと南北150メートル程度となる。東側の扉から回廊が続いているが、現在は崩壊している。
丘から20メートル南には、長方形の回廊が位置する。この回廊は中庭を囲むように、十字に区切られている。
建物の高さはおよそ10メートルである。周壁の東側の扉から、丘の上までラテライトの階段が続く。
丘の上には現代の上座仏教寺院がある。寺院には、碑文は発見されていない。

ご注意


Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト