バコン

Bakong

バコン
年代881年宗教ヒンドゥー教
創設インドラバルマン2世入場料アンコールパス
必見度 星4つ 入場時間-
バコン

ハリハラーラヤ王都の中心寺院で、アンコール時代初のピラミッド型寺院。
大きさは東西900m、南北700m程あり、参道には天界と地上を結ぶ巨大な蛇ナーガが両脇に並ぶ。
三重の周壁に囲まれた五階層の寺院の南壁には「戦いに臨む阿修羅」のレリーフが残っており、当時は階層を囲むように壁画が彫られていたと考えられる。
建設当時、中央祠堂はレンガ造りであったが、12世紀に入り、砂岩で造り直された。

バコン


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia