クロマーマガジン

お役立ちカンボジア情報が満載!
現地発のマガジン&総合情報サイト「クロマー」。

ホーム 遺跡観光 プノン・クロム

遺跡観光|朝日スポット

  • プノン・クロム

    シェムリアップ南部、トンレサップ湖畔に位置する約140mの小山で、山頂にヒンドゥー三大神を祀った寺院がある。 プノンバケン、プノンボックと共にアンコール三聖山の一つでもある。 遺跡自体はそれほど大きくはないが、ここから見

    カテゴリー:遺跡観光
  • プノンバケン

    ロリュオス地方からアンコール地域に遷都され、最初に築かれた山岳寺院。 76mの正方形の寺院には108本の小祠堂が建ち、その中央に少し大きめの祠堂が残る。 プノンクロム、プノンボックとともにアンコール三聖山のひとつとされる

    カテゴリー:遺跡観光
  • スラ・スラン

    「王の沐浴の池」。 東西700m、南北約350mの池と、それを東向きに臨むテラスで構成された神聖な空間。 池の中央には祠堂跡が残っており乾季には土台が現れる。 残された碑文には「象の水浴びを禁ず」と記されている。 朝日と

    カテゴリー:遺跡観光
  • アンコールワット

    アンコールワットの語意は「お寺の町」。東西約1.5km、南北約1.3kmの環濠に囲まれた、幅約190m、長さ600m程もある大規模な寺院。 ヒンドゥー教の三大神ヴィシュヌ神に捧げるための建造物と言われるが、王自身の墳墓と

    カテゴリー:遺跡観光