ホーム 新マガジン記事 特集: 美味しい料理とワインで乾杯! 在住フランス人おススメ カジュアルフレンチ

カンボジアクロマーマガジン1号

美味しい料理とワインで乾杯! 在住フランス人おススメ カジュアルフレンチ

[取材・文・写真] クロマーマガジン編集部

 19世紀中頃から90年あまりフランスに統治されてきたカンボジアでは、今もフランスの気配がそこかしこに残る。 中でもフランス総督による都市開発がなされた首都プノンペン、アンコールワットを観光資源とした開発がなされたシェムリアップでは、今でもフレンチコロニアルの建物が点在し、多くのフランス人が住む。
今回は、そんなカンボジアフレンチの食にクローズアップ。中でも在住フランス人もおススメする、美味しい料理が楽しめるカジュアルフレンチを紹介しよう。

 

ブション・ワイン・バー Bouchon wine bar

 圧倒的な品揃えが自慢のワイン・ビストロ。1920年代のコロニアル建築を改装した店内はレトロモダン。ワインを片手に料理を愉しむ人で賑わう。食事メニューも豊富で、日替わりのお勧めメニューもある。ワインはカウンター横の黒板に書き出され、グラス3.5US$~。毎週水曜日の20時からはライブが開催される。この日は音楽を聴きながらワインと料理を楽しむ人で一杯に、予約必須だ。
おススメはじっくりと煮込んだビーフシチュー(写真右)。肉がホロリとほどける柔らかさだ。コクのあるデミグラスソースと、付け合わせの甘めのマッシュポテトがとてもよく合う。

ブション・ワイン・バー Bouchon wine bar
住所:82 St. 174 12206 Phnom Penh
電話:077 881 103
営: 月‐金曜11:00~14:30, 16:00~24:00/土曜 16:00~25:00
休: 日曜

 

ビストロ・ランカ Bistoro Langka

 細い路地を進んだ先にある、隠れ家的ビストロ。店内はモダンでスタイリッシュなインテリアで1階と2階がある。オーナーは日本が大好きなフランス人で、そのせいか、メニューもオーソドックスなフレンチメニューだけではなく、日本の調理法を取入れた個性的なフュージョン料理が楽しめる。他では食べられない、新感覚のフレンチを楽しむならココだ。前菜が4.5US$~、メインが8US$~とリーズナブルなのも魅力だ。
メインのおススメは、ポークチョップ(写真右) 。オーナーこだわりのカンボジア産オーガニックポークは、低温調理でじっくり火を通すことで柔らかい食感に! ガーリックをきかせたソースが肉の旨味にマッチして、食欲をそそる一品だ。

ビストロ・ランカBistoro Langka
住所:132 Z13 St. 51 Phnom Penh
電話:070 727 233
営: 18:15~22:00
休: なし

誌面版はこちら!
https://amzn.to/2EdcXSx

続きを読む 1 2 3


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia