ホーム 新マガジン記事 特集: ゆるり行く、コンポントム

カンボジアクロマーマガジン1号

ゆるり行く、コンポントム

[取材・文・写真] クロマーマガジン編集部

 

水と土の恩恵を受ける、農業都市コンポントム

kampong thom

hanrei1

1.最近川沿いにできた「コオロギ像」。 2.市内を流れるセン川は水路でもあり、豊かな漁場でもある。 3.市内中心にあるコンポントム市場。 4.市のメインモニュメント「ドムレイ・チョン・クラー」。 5.仏植民地期の1920年代建造の橋。 6.コンポントム市場の場外市。朝はセン川流域で採れた魚が多く並ぶ。 7.市内周辺でも橋が少ないので、渡し船をあちこちで見かける。 8.八百屋のおばちゃんたち。 9.市場内の肉売り場は迫力満点!! 10.名物「コオロギの素揚げ」を売る少女。 11.干物も名産品。写真はトゲウナギ。 12.麺料理「ノム・バンチョック」。魚のだしと香草のコンビネーションが美味。 13.市場に並ぶ夏野菜。 14.市場で売られていた米粉ドーナッツ。優しく懐かしい味わい。 15.バス停留所付近の虫屋台。コオロギだけでなくタガメやタランチュラなども…。 16.ホテイアオイの花はスープにしたり、料理の付け合わせとして食す。

 

 昔、セン川の畔の洞穴に、つがいの大きな蛇が棲みついていた。2匹は仏教の日になると町に姿を現し、人々と共に祈りを捧げたという。それで町は「コンポンポットム(大蛇の港)」と呼ばれるようになったが、いつしか蛇もいなくなって「コンポントム(大きな港)」と呼ばれるようになったそうな。

 プノンペンから車で国道6号を西へ走って3時間、シェムリアップから東へ2時間。トンレサップ水系のセン川の川辺にコンポントム市はある。国内第2位の面積を有す同州は、平地と水源に富み、稲作を中心とした長閑な穀倉地帯が広がっている。市内では近郊で取れた農水産物が集まっており、それらが新鮮な状態で並ぶ朝の市場は、市内一番の見所だろう。

 同州筆頭の特産といえば昆虫。中でもコオロギ人気はすごい。バスの停留所では大小様々な揚げコオロギが山になって売られており、川沿いに巨大コオロギ像まで作られた。騙されたと思って食べて欲しいが、虫はちょっと、という人には魚の干物をお勧めしたい。通ならわかると思うが鮮度が違う。定番はライギョ、変化球はトゲウナギ、噛めば噛むほど魚の旨味がにじみ出る。それはまさにコンポントムの味と言ってもいいのではないか。

 


誌面版はこちら!
https://amzn.to/2EdcXSx

続きを読む 1 2 3


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia