ホーム 新マガジン記事 特集: カンボジア流おいしい淡水魚の食べ方

カンボジアクロマーマガジン4号

カンボジア流おいしい淡水魚の食べ方

[取材・文] なまえ [写真] なまえ [制作] なまえ

魚のフライはカンボジアお惣菜の超定番。このページでは、日本でこれから冬場にかけて出回る淡水魚「ワカサギ」を使って作れる、クメール風淡水魚のフライのレシピをご紹介いたします。ジューシーな揚げ物に、酸っぱい高菜もやしの漬物がベストマッチで、ご飯がどんどん進んじゃいます!

 

レシピ(二人分)
①小魚(6~10匹ほど)は下処理をして、水気をきってから、すりおろしたニンニク(1かけ分)と、コンソメパウンダー(小さじ1)をまぶして下味をつけておきます。
②古漬けの酸味のある高菜漬け(葉を2枚ほど)を細かく刻んで、良く洗ったもやしを深めの器に入れ、ナンプラー(小さじ1)、砂糖(小さじ1)、刻んだ唐辛子(1つ分)と合わせて味をなじませます。
③下味をつけた小魚は、揚げる直前に小麦粉をはたいて、180度の油でこんがりきつね色になるまで中火で揚げ、器に盛って出来上がり。お好みでライムを絞って召し上がれ。

続きを読む 1 2 3 4 5


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia