ホーム 新マガジン記事 特集: カンボジア流おいしい淡水魚の食べ方

カンボジアクロマーマガジン4号

カンボジア流おいしい淡水魚の食べ方

[取材・文] なまえ [写真] なまえ [制作] なまえ

カンボジアの淡水魚料理は、魚の種類も調理法もバラエティ豊か。クロマーマガジンセレクトのお店の、おすすめメニューをご紹介!さあ、YOUもハマっちゃいなよ!

プレア・トレイ/淡水魚のマリネ【写真左】
Plea Trei (Marinated Freshwater Fish and Bitter Melon)
プノンペンのKravanhで提供されている、とても珍しい生魚料理。淡水魚をライムでマリネすることで、肉は柔らかくなり、川魚独特の臭みも消える。ニガウリのスライス、香草と一緒に、少量のプラホックで和えてある。暑気を払って身体をクールダウンさせる逸品。

 

アモック・クチョーン/タニシのアモック【写真中央】
Amok Kuchoun (Steamed Curried Snail)
どの水域でも採れるタニシは、古くから良質なたんぱく源として食されてきた。一般的には蒸したり、焼いたり、身を取り出して炒めたりして食す庶民の食材だが、Kravanhではごちそう料理のアモックに変身。丁寧に処理されているため全く臭みがなく、時間をかけて作られた濃厚なソースと、タニシのコリコリとした食感がマッチしていて美味だ。

 

タッ・クルーン/淡水魚のマリネディップ【写真右】
Teuk Kreoung (Marinated Freshwater Fish Dip)
クルーンと白身魚を混ぜて作る、家庭料理の定番。魚はクセが少なく、身の柔らかなスネークヘッドフィッシュが使われることが多く、細かく身をほぐして、水とライム汁、クルーンと混ぜる。クルーンの調合は地方や作る人によって違うが、Kravanhではレモングラス、ニンニク、唐辛子、ハーブとプラホックを加えてあり、野菜や野草などをディップして食べる。淡白な魚にライムの酸味とクルーンが複雑に絡み、後を引く旨さだ。

続きを読む 1 2 3 4 5


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia