ホーム 新マガジン記事 特集: 淡水魚はクメールのカルチャーだ

カンボジアクロマーマガジン4号

淡水魚はクメールのカルチャーだ

[取材・文] なまえ [写真] なまえ [制作] なまえ

 

 国民一人当たりの淡水魚の漁獲高と消費量が、世界トップクラスのカンボジア。同国の面積は全世界の陸地面積のわずか0.12%に過ぎないが、大河メコンと東南アジア最大の湖トンレサップを有する国土には、世界の淡水魚1万3000種のうち3%にあたるおよそ500種が生息している。
 栄華を極めたアンコール王朝よりずっと前の時代から、クメール人たちはこれら淡水魚を大いに食し、数々の調理法や料理を生み出してきた。現代においてもクメール人の摂取するたんぱく質の6割が淡水魚で賄われ、これらは彼らの肉体となり、また彼らのスピリットとなっている。
 今号の特集では、そんな同国の淡水魚食文化にフォーカス。カンボジアに来たら淡水魚を食べないなんてソンソン。ようこそ、淡水魚の王国へ!

 

続きを読む 1 2 3 4 5 6


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia