ホーム 新マガジン記事 特集: ちょっと週末逃避行、ホテルで贅沢に過ごすひと時を

カンボジアクロマーマガジン10号

ちょっと週末逃避行、ホテルで贅沢に過ごすひと時を

[取材・文] Ikuko Tanioka [写真] Ikuko Tanioka [制作] Ikuko Tanioka

 

郊外の村に位置する、ラグジュアリーテントリゾート
THE BEIGE〈ザ・ベイジ〉

シェムリアップ市内中心部から車で約40分の郊外の農村に2017年10月にオープンした、ラグジュアリー・グランピング・リゾート。10haの広大な敷地にわずか11部屋の贅沢なリゾートだ。カンボジアのどこにでもある長閑な村の赤土の道を進むと、突如現れるアプローチの入り口。ゲートをくぐり、緑に囲まれた砂利道を進んでいくと、ガラス張りのレセプションとレストランの建物に辿り着く。まさに日常の風景から非日常へと一気に引き込まれる。手入れの行き届いた敷地内には、自然の森とそれに馴染むプライベート・ガーデンにラテライトの石垣が映える長閑な景色が広がる。風が木々をそよぎ、鳥がさえずる音が静かに聞こえ、ゆっくりと時間が過ぎていくのを感じられる。

   様々なリラックス空間が配されたPool Tent Suite

テントと一ことで言っても、キャンプ場で設営する簡易テントは一線を描く。テントとは思えないこの快適さはなかなか伝わらないだろう。植民地時代の探検家をモチーフにしたインテリアや小物が、当時にタイムスリップしたかのような雰囲気を与える室内は、テントのベージュを基調としたシックなしつらえだ。テントはそれぞれプライベートガーデンで囲まれていて、自分だけの空間を満喫できるのも嬉しい。昼間は天幕を開け放って、周囲の緑を満喫しながらゆっくりと過ごし、夜は天幕を下ろし電灯のオレンジの光の下でゆっくりとカクテルを、そんな贅沢な時間を楽しめる。中でも、Pool Deluxe Suite Tentは大きなプライベートプールに天蓋付きのプールサイドデッキ、リビングスペースとベッドルームがついた広々とした空間。目の前にはライステラスと見渡す限りの緑の森が広がる。アクティビティで、プールサイドに象を呼ぶこともでき、まさに非日常を体験できる。

ラグジュアリーなピクニックは、冒険心をすぐるランドローバーで。(DCIM/100MEDIA/DJI_0059.JPG)

   周囲には森しかないロケーションの元、晴れた日には満天の星空が広がる。

  ベージュで統一された室内は、どこか植地時代を彷彿とさせるクラシックな趣。


The BEIGE
ザ・ベイジ

Svay Chek Road, Svay Chek Commune, Angkor Thom, Siem Reap, Cambodia
T: +855-(0)99-297-298
W: the-beige.com

【プロモーション情報】

カンボジア在住のカンボジア人及び外国人が対象、7月31日までのご予約で、8月の宿泊費が30%offに。

予約・お問い合わせは下記電話番号まで

099-297-298

続きを読む 1 2


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia