ホーム 新マガジン記事 特集: カンボジアの未来をつくる ぜひ訪れたい! SDGsなあの場所へ Making the Future of Cambodia from here!

カンボジアクロマーマガジン9号

カンボジアの未来をつくる ぜひ訪れたい! SDGsなあの場所へ Making the Future of Cambodia from here!

[取材・文・写真・制作] 谷岡 郁子 / [取材・文・写真] 岡 克哉

SDGs / Phnom Penh

性産業で働く女性に仕事とスキルを
Daugthers of Cambodia / ドーターズ・オブ・カンボジア

ドーターズ・カンボジアは、性産業で働く女性に新たな生活とスキルを身に着ける為に支援する団体だ。キリスト教の教えに基づいて、単なる職業支援だけでなく、彼女たちの心のケアなどもしている。そして、この団体が運営する施設がドーターズ・カンボジア・ビジネスセンターだ。職業訓練の場であると同時に、彼女たちにとっては社会との接点、訪れる人にはこのプロジェクトを紹介する場にもなっている。

リバーサイドに位置するビジネスセンターには、スーベニアショップ、カフェ&レストラン、サロンがあり、どの店舗でもスタッフとしてカンボジア人女性が20人以上働く。この中には運営を担うマネージャーやヘッドシェフも含まれる。スーベニアショップは高い技術で作られる商品のショーケースの場として、カフェやサロンは技術だけではなくサービスの職業訓練の場として機能する。技術を身に着けたスタッフがここでさらに運営側に回り、人を育てる。こうした循環が性産業で抑圧された彼女たちに、将来の夢を語りスキルアップし、生き生きとした未来をもたらしていくのだ。

1.一階は、スーベニアショップとなっている。全て手作りの可愛いグッズは、西洋人観光客に人気。木を使った表札など、インテリアグッズが特に人気の商品。
2.二階はカフェと飲食スペースになっている。9時から17時までの営業。
3.二階奥にあるネイルサロン。ヘッドスパ、フットマッサージも可能。

 

DAUGHTERS OF CAMBODIA
ADD : No.321, Sisowath Quay. Phnom Penh
TEL : 855-(0)89-910-203
E-MAIL : office@daughtersofcambodia.org
WEB : https://www.daughtersofcambodia.org/

/////////////////////////////////////////////////////////////

SDGs / Phnom Penh

聴覚障がい者が活躍するコーヒーショップ
Socials Coffee / ソーシャル・コーヒー

従業員の半数を聴覚障害者が占めるカフェがある。ソーシャル・コーヒーは設立者のニル氏が、ベトナムで聴覚障害者を雇用するカフェの存在を知り、カンボジアでも自分が社会に役立つことをしたいと立ち上げた聴覚障害者の雇用をサポートするカフェだ。実際にお店に行くと、どの人が聴覚障害者なのかわからない程、生き生きと笑顔で働く姿に出会える。カンボジアでは聴覚障害者を積極的に雇用する場がまだまだ少ない中、バリスタ大会への出場など積極的に技術向上へのサポートも行われている。カフェとしても、メニューが豊富でプロモーションの企画も多く魅力たっぷりだ。

1.スタッフ間のやり取りは手話が使われる。英語が話せる健常者がいるものの、注文時は指さしや筆談などで対応してくれる為心配はいらない。
2.左:ココナッツラテ(US$2.5)や、右:アボカドスムージー(US$3)などユニークなドリンクメニュー。
またケーキやマフィンなども販売している。
3.ソーシャルカフェはプノンペン市内に4店舗展開、どれもPPCB銀行内に併設している。

Socials Coffee
ADD : No.217, Norodom Blvd, PPCBank Head Office,
TEL : +855-(0)10-235-088
Facebook : Socials Coffee

続きを読む 1 2 3 4 5


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia