ホーム 新マガジン記事 特集: カンボジアの未来をつくる ぜひ訪れたい! SDGsなあの場所へ Making the Future of Cambodia from here!

カンボジアクロマーマガジン9号

カンボジアの未来をつくる ぜひ訪れたい! SDGsなあの場所へ Making the Future of Cambodia from here!

[取材・文・写真・制作] 谷岡 郁子 / [取材・文・写真] 岡 克哉

SDGs / Siem Reap

美味しくて安心の野菜で未来を拓く
Svaychek Organic Farm / スバイチェック・オーガニック・ファーム

シェムリアップ中心部から車で50分ほど、長閑な農村スバイチェック村の一角にスバイチェック・オーガニックファームはある。敷地約40haの広大な土地には、マンゴーが約3000本、バナナが約3000本、パイナップルが10000本、ライムやさとうきびなど30種類以上の野菜や果物を無化学肥料、無化学農薬のオーガニックで育てている。肥料も自分たちの手で作る有機肥料だ。農園ツアーの開催や、農園直営のカフェのオープン、加工品の製造など、農業を中心とした多角的なサービスへの取り組みで、村の農業の未来を創る場所となっている。

農園で作られた野菜は、市内のショップでも購入可能。併設のカフェでは、農園の野菜や果物をふんだんに使用したデリや、スイーツ、砂糖不使用のスムージーなども食べられる。テイクアウトも可能だ。是非、テイクアウト用の容器を持参してほしい。

村の環境を守り雇用を生む無農薬農園

カンボジアでは、まだまだ産業としての農業が確立されていない。お金を産む産業として農業が成り立っていない為、農村部ではタイに出稼ぎに行く人も多い。当然ながら、農産物に付加価値を生む無農薬有機栽培という言葉を知らない人が多い。ここは、地域の人が家族と共に暮らし農業で安定した生計を立てられることを目指して2014年にスタートした。現在は23人の村人が働き、市内のカフェでも雇用を産んでいる。また、今年からは農産物そのものを販売するだけではなく、2次産業として加工品の製造にも取り組み始めている。さらに、観光農園として6次産業への取り組みも始め、農業を中心とした、村全体の活性化への積極的な取組が始まっている。

栽培される果物や野菜は安心安全だけではなく、味や見た目にもこだわる。パイナップルは、木に実らせたまま完熟させる為、芯まで美味しく、驚くほどジューシーで甘い。また、収穫体験や、パイナップルの皮剥きの体験もできる。

毎日開催の農園ツアーでは、案内してくれるガイドと一緒に農園内の森を散策したり、広大な敷地を特製トラクターで探検したり、果物の収穫体験をしたりと盛りだくさんだ。カンボジアの大地の力を感じることができるツアーだ。電話かHPで要予約。


Svaychek Organic Farm

ADD : SvayChek Village, Angkor Thom District
TEL : +855-(0)98-636-677
E-MAIL : angkorsvaychek@gmail.com
WEB : www.svaychekorganicfarm.com
……………………………………………..
Svaychek Organic Farm Shop
ADD : Home No-639 Kandal village
TEL : +855-(0)99-277-477
E-MAIL : svaychekorganicshop@gmail.com

 

続きを読む 1 2 3 4 5


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia