ホーム 新マガジン記事 特集: エコツーリズムの最先端 コッコン州チーパット

カンボジアクロマーマガジン7号

エコツーリズムの最先端 コッコン州チーパット

[取材・文・制作] 岡 克哉 [写真] 多賀史文

Unexplored land, “Koh Kong Province”
未開拓エリアの多いコッコン州

 カンボジア南西部に位置するコッコン州。タイランド湾に面した港町が州の中心となっており、州の西部にはタイ国境も有する。まだまだ手付かずのエリアが多く、カルダモン山脈を覆う豊かなジャングルや川や滝などの自然が豊富で、多くの野生生物の宝庫となっている。カンボジア国内では、観光省を中心に自然を生かしたエコツーリズムの開発が少しずつ広がっており、国内の「地域主導エコツーリズムサイト(CBET)」を作成するなどエコツーリズムの開発に積極的に取り組んでいる。その中でもコッコン州チーパット地区は、欧米人を中心に人気を上げている場所となっている。

続きを読む 1 2 3 4 5


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia