ホーム 新マガジン記事 特集: 持続可能な未来を考える Think about Sustainability -PLASTIC FREE CAMBODIA-

カンボジアクロマーマガジン9号

持続可能な未来を考える Think about Sustainability -PLASTIC FREE CAMBODIA-

[取材・文・写真・制作] 谷岡 郁子

 プラスティックゴミ問題は、カンボジアでも深刻な問題になりつつある環境問題の一つだ。プラスティックフリーカンボジアは2015年から、プラスティック問題を”使わない””作らない”の部分に重点を置いて活動する、社会企業だ。プラスティック汚染に対する取り組みへの啓蒙活動と実際のプラスティックに代わるプロダクトやアイディアの推奨と販売で問題解決に取り組んでいる。毎月1回開かれるワークショップでは、プラスティック汚染問題の原因や背景、その取り組み方を学ぶことができる。また、環境に優しい製品情報の共有や、販売も進める。現在、活動はカンボジアに留まらず、東南アジア、オーストラリアに広がっている。

 The increasing amount of plastic garbage is a big environmental problem that is becoming very serious in Cambodia. Plastic Free South Asia is a social enterprise that has been active since 2015 in Cambodia with an emphasis on the part of “do not use” or “do not make” plastic products. The company is working to solve problems through enlightenment activities for efforts to deal with plastic pollution and the recommendation and sale of products and ideas that replace plastics. At the workshop, you can learn the causes and background of environmental pollution with plastics and how to deal with them. They will also promote environmentally friendly product information sharing and sales. Currently, activities are not limited to Cambodia only but are spreading to the rest of Southeast Asia.

 

 ゴミは分別されることなく、こうした集積場所、いわゆるゴミ山へと運ばれそのまま積み上げられていく。悪臭の中、こうしたゴミの中から資源として売れる物を探して生業にしている人々も、今だ多数存在しているのが現実だ。こうした積み上げられたプラスティックゴミは、豪雨で押し流され河川へと流れ、そして海へと運ばれ様々な問題の原因となっていく。

 Garbage is not separated but rather transported and accumulated into a big pile. Actually, there are still a lot of people who are looking for things that can be sold as resources from such a big garbage pile. Accumulated plastic waste is washed away by heavy rain, flows into rivers, and is transported to the sea, causing various problems.

 

 カンボジアの主な産業は観光業だ。中でも世界遺産・アンコールワット遺跡群を擁するシェムリアップには年間2,205,274人もの観光客が訪れる(※1)。もし仮に彼らが1日3本の500mlのペットボトルを消費したとすると、年間で約24億本ものペットボトルがこのシェムリアップに捨てられるのだ。
 そんな中『Refill not Landfill』は2016年にChristian de Boer (Jaya House Hotels)とDean McLachlan(JustRide Motorbike Adventures)によって設立された使い捨てプラスチック製廃棄物を削減する為の世界的な活動だ。アルミもしくはステンレス製のリフィルボトルを参加企業が顧客に配布もしくは販売。シェムリアップの73箇所を含むカンボジア全土で~箇所に設置されたリフィルステーションで、自由に飲料水を補給できる仕組みだ。現在、この活動に参加する国は18カ国、販売されたボトルは17万本以上、リフィルステーションは1374カ所(※2)。これまで、3億本ものペットボトルを削減した事になるのだ。

 The main industry in Cambodia is tourism. There is about 2,205,274 tourists a year who visit Siem Reap, the site of the world heritage, Angkor Wat (*1). If they consume three 500ml PET bottles per day, about 2.4 billion PET bottles are thrown away in Siem Reap annually.
 “Refill not Landfill” is a global campaign to reduce single-use plastic waste, founded in 2016 by Christian de Boer (Jaya House Hotels) and Dean McLachlan (JustRide Motorbike Adventures). Partner companies distribute or sell refill bottles made of aluminum or stainless steel to customers. Customers can refill drinking water freely at many refill stations installed in all parts of Cambodia, including 73 places in Siem Reap. There are currently 18 participating countries, more than 170,000 refill bottles sold, and 1374 refill stations (*2). So far, 300 million PET bottles have been reduced.

 

 カンボジア経済の発展と共に増え続けるプラスティック製品。便利な生活の裏で、大きな環境問題は顕著に表れ始めている。こうした中で、地元の人やホテルなどの企業のスタッフも積極的に参加する清掃活動が、徐々に広まってきている。ここ、観光都市であるシェムリアップでは、水祭りなどの大きなイベント後の清掃活動などもあり、またこうした活動をSNSに投稿することで、プラスティックフリーやゴミ問題は若い世代に徐々に認知されてきている。こうした動きが単なるブームではなく、継続したものになっていくことが重要だ。

Plastic products continue to increase with the development of the Cambodian economy. Behind the convenience of life, many environmental problems appear prominently. Under this situation, cleanup activities that actively involve locals and staff of companies such as hotels are gradually spreading. There are also cleanup activities after big events such as the water festival, and by posting such activities to SNS, these problems are gradually recognized by the younger generation. We hope that these moves are not just a trend, but will continue moving forward.

(※1) Tourism Statistics Report 2018 by Ministry of Tourism (※2) As of 1st Dec 2019


定期的に行われるこうした清掃活動は、単にゴミを拾うだけではなく、プラスティックフリーへの理解を進める啓蒙活動でもある。

These clean-up activities are not just picking up trash, but also promoting to understand the importance of plastic-free.

続きを読む 1 2 3 4


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia