ホーム 新マガジン記事 悠悠 私のカンボジア: 第九景 「PHNOM PENH」

カンボジアクロマーマガジン0号

紙本 岩絵の具 2600mm×1450mm

この作品は現在SOFITEL PHNOM PENH PHOKEETHRAのギャラリーで私の個展「Memory」に2020年1月末まで飾られています。

私はこれまでのほとんどの作品をカンボジアの自然と人々をテーマに描いてきましたが、2007年ぐらいからプノンペンに立ち寄る機会が増えるにつれ、フランス植民地時代の名残の古い雑居ビルが面白くて、そうした街並みのスケッチを始めていました。統一性がなく色もカラフルで、洗濯物が掛かっている様子に生活感と言うよりも楽しさを感じ、人々の活気溢れる様に自然の中で過ごす人々とは全く違った、混沌とした街中で生活する、そんな生きるパワーを感じました。また建物もまるで生きて息をしている様に自分に映りました。

この絵は3箇所のスケッチを組み合わせて大通りをイメージして描きました。2014年に一度仕上げましたが、最近はオートバイやtuk tukの乗り物が溢れるほどに増えてきたため、2018年にかなり描き足しました。

最近は中国経済の影響で街もだいぶ様変わりしてきました。古い町並みは真新しいビルやショッピングモールに代わってきています。プノンペンの懐かしい風景が変わっていくことに、寂しさを覚えます。

 

 

著者紹介

山田 隆量 Yamada Takakazu

日本画家。日本美術院院友。法隆寺金堂壁画模写、名古屋城本丸御殿復元模写などに従事。王立芸術大学/王立プノンペン大学客員教授でYAMADA SCHOOL OF ARTの代表を務める。

A Japanese-style painter, who is a Visiting Professor at The Royal University of Fine Arts.


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

バックナンバー

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia