ホーム 新マガジン記事 手が紡ぐ物語 The hand spun stories: -その道の先-

カンボジアクロマーマガジン3号

 

 出会いはもう6年前になるだろうか。プノンペンの小さなカフェにて、そこを運営していた障害者支援団体と出会った。カフェを運営する傍らプノンペン郊外にある訓練学校で身体に障害を持つ人たちへ溶接・機械整備・縫製・木工などの技術を訓練し、自立へと促す活動をされていた。紆余曲折を経てその中の木工部門と繋がり今に至る。
 現在私の運営するブランドでは彼らに木を使ったお皿の制作を依頼しているが、出来上がってくる作品よりもさらに印象的なのが、彼らの姿勢だ。
 道路の舗装もままならないこの国である。障害を持つことで厳しく辛いことは侭あっただろう(今もあると思う)。けれど間違いなく彼らはそこで留まることなく新しいページをめくりペンを進めていた。どんな物語になるのか、きっと誰も知る由はない。しかし一度自らが生み出すモノが誰かの生活で使われ人を幸せにしているという事実を知った彼らは、支援する・されるを超え、今はまさに他者のために働いている。物語は更新されたのだ。
 工房から一歩外に出ると赤土の道がすっと伸びている。モノづくりを通して道の先に新しいストーリーが紡がれていく。

 

Next of this load 

   At the training school, people with physical disabilities are training in woodworking. The work they make is wonderful, but their attitude is more impressive, living in this country with many unpaved red dusty roads. But without a doubt, they are turning a new page because they believe the next of this load, to make people happy by using their products.

 

 

 

なめらかな肌触りが特徴のシンプルな木製プレートはhotori memento(ホトリ・メメント)取り扱い店舗やオンラインストアで購入可。

 A wooden plate that is simple but very smooth and warm. It is possible to purchase it at a store or at the online store of hotori memento.

 

 

 

 

 

著者紹介

木村 彩湖 Kimura Ayako

写真映像制作のthe h creation studio代表。また生活雑貨ブランドhotori mementoのデザイナーでもある。

The representative of photo-video production house “the h creation studio”. Also a designer of household goods brand “hotori memento”.

 


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

バックナンバー

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia