クロマーマガジン

お役立ちカンボジア情報が満載!
現地発のマガジン&総合情報サイト「クロマー」。

ホーム マガジン 写すシリーズ: 夜明けの女神ウシャスを写す

カンボジアクロマーマガジン30号

写すシリーズ
夜明けの女神ウシャスを写す
樋口 英夫 (ひぐち ひでお)

P_1_1500

アンコールワットの参堂から見た神秘的な朝焼け

 アンコールワットの境内で、強烈な色彩の朝焼けに包まれた。黄色や赤や橙色をした炎のような雲の塊が、夜の気配をとどめる濃紺色の天空に、オーロラのように広がっていく。超常現象をまのあたりにしたような深い神秘性におもわず息をのんだ。きっとこんな朝焼けが女神「ウシャス」の姿なのだろう―――。

 女神ウシャスは夜明けの自然現象を神格化したものだ。ヒンドゥー教のもっとも古い時代に生まれた神のひとりで、3000年前のインドの聖典「リグ・ヴェーダ」には、彼女に捧げた讃歌が20篇余りある。この聖典によると、夜明けの女神ウシャスは太陽に先立って東の空に姿を見せる。赤い光りを放つ四輪馬車に乗っていて、天空を颯爽と進んでくるという。彼女は自由奔放だ。長い衣が風をはらんで肌けそうなのに、美しい顔には微笑みすら浮かんでいる。ウシャスは「男にむかって胸をあらわにする娘のようだ」と聖典は歌う。

utsusu-30_2

アンコールワット第1回廊北面に彫られた太陽神スーリヤ

 こんなウシャスに心を奪われたのは、太陽神「スーリヤ」だった( アンコールワットを建てた王の名はこの神に由来する)。「若者が娘を追いかけるように」太陽神スーリヤはウシャスのあとを追う。そして追いつくと激しく彼女を抱いて、自らの光の中に消滅させる。
 ウシャスの命は短いが翌朝また蘇る。だから彼女は永遠に若々しい。聖典では金銀宝石で飾られた魅力的な踊り子や、母の手で美しく化粧された娘、水浴からあがる美しい女にもたとえられている。
 ウシャスへ捧げたこのような讃歌を、バラモンたちは昔からずっと歌い継いできた。しかしそれは夜間に出没してきた悪霊を祓うための呪文として歌われるのである。

 


樋口 英夫 (ひぐち ひでお)

写真家。アンコール遺跡にかかわる著書に『アンコールワット旅の雑学ノート(ダイヤモンド社)』『チャンパ(めこん)』『風景のない国・チャンパ王国(平河出版)』『7日で巡るインドシナ半島の世界遺産(めこん)』がある。
アンコール・ナショナルミュージアムでオリジナルプリントが購入できる。
最新写真集「Angkor」
最新写真集「Angkor」 春分の日のアンコールワットでの朝日や、霞がかった幻想的なプノン・クーレン、トンレサップ湖に暮らす人々等、アンコール遺跡とシェムリアップの魅力が詰まった珠玉の写真集。
「アンコールワット 旅の雑学ノート 森と水の神話世界」
アンコールワット旅の雑学ノート 見る者を圧倒せずにはおかない巨大遺跡群が、さらに一歩二歩踏み込めば、驚くべき物語を語りだす。最新学説を紹介しつつ、ヒンドゥー世界全体を見つめる広い視野と、人々の生活の細部を見逃さない探求心で、アンコールの謎に迫る。
アマゾンでチェックする
クロマーツアーズ、書店、ホテル等でも大好評発売中

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

バックナンバー

facebookいいね!ファンリスト