ホーム 過去のマガジン記事 特集: クメールフルーツ大百科 

カンボジアクロマーマガジン15号

クメールフルーツ大百科 

[写真] 西村 清志郎 [取材・文・制作] 矢羽野 晶子 

ライチ 英語:Lychee クメール語:クーレーン44.Lychee

楊貴妃が好んだ果物として有名。赤茶色のパリッとした果皮をむくと、つるんとした白色の果肉が姿を見せる。ジューシーで甘みと酸味がほどよい人気のある果物。「プノンクーレン」は「ライチの山」の意味。

3~5月  10000R/kg  シェムリアップ

 

ライム 英語:Lime クメール語:クローイッチュマー45.Lime

カンボジアではレモンの代わりの酸味料として使われる。ピンポン玉ほどの大きさで皮は緑。熟すと黄色っぽくなってくる。魚のスープに絞ったり、塩コショウに果汁を加えて焼肉につけて食べたりする。

通年  4000R/kg  コンポンチャム

 

ランブータン 英語:Rambutan クメール語:サウマウ46.Rambutan

マレー語で「毛むくじゃら」。大きさは小さめの卵ぐらいで、果皮は赤く、長く柔らかい毛のような刺が一面を覆っている。果肉は白色半透明で、甘酸っぱい果汁をたくさん含んでいる。ビタミンCと鉄分が豊富。

3~4月, 7~12|月4000R/kg|コンポンチャム,ラタナキリ, モンドルキリ

 

ランサ 英語:Langsat クメール語:ランカン47.Lansat

3cm程の薄茶色の果実で、ぶどうのように実が付く。果肉は白色半透明で、いくつか房にわかれており、そのうちの1から2つに種が入っている。種は大変苦い。味は甘みと酸味がほどよくさわやか。

不明  12000R/kg  輸入

 

竜眼(ロンガン) 英語:Longan クメール語:ミエン48.Longan

10円玉程度の大きさで、パリっとした果皮を破ると果汁をたっぷりの半透明の果肉が現れる。真ん中に大きな黒い種が1つあり、竜の眼のように見えるから名づけられた。

12~2月, 7~8|月6000R/kg|カンダール,パイリン, バッタンバン

 

りんご 英語:Guava クメール語:パオム49.Apple

カンボジアに国産のりんごはなく、中国やアメリカなど様々な国のものが売られている。多くの品種が出回っているが、どれも日本のものより一回り小さい。生で食べる他、生ジュースにして飲んだりもする。

通年|6000R/kg|輸入

 

レイシ 英語:Nephelium Lychee クメール語:セイモアン50.Nephelium Lychee

クメール語で「鶏のとさか」という意味。雨季の初めごろ、路上で販売される。ライチと同種でよく似ているが、一回り小さく長丸い。味は非常に酸味が強く、果肉が少ない。

4~6月|7000R/kg|シェムリアップ

 

レンブ 英語:Wax Apple クメール語:チュンプー51.Wax Apple

先がすぼまったピーマンのような形で、色は緑やピンクなど。シャリっとした食感。甘みは少ないが水分補給にはよい。表面がワックスがかったような光沢をしているので、英語ではワックスアップルと呼ばれる。

11~12月|5000R/kg|全国

 

収穫時期|値段(目安)|主な産地

参考資料:吉田よし子、菊池裕子 『東南アジア市場図鑑』 弘文堂、2001年
“Khmer Online Dictionary” http://dictionary.tovnah.com/

続きを読む 1 2 3 4 5 6 7 8


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia