ホーム 過去のマガジン記事 特集: クメールフルーツ大百科 

カンボジアクロマーマガジン15号

クメールフルーツ大百科 

[写真] 西村 清志郎 [取材・文・制作] 矢羽野 晶子 

お土産に最適 「ドライフルーツ」

Colum-3せっかくカンボジアに来たのだから果物を持ち帰りたいところだが、飛行機に持ち込むことはできない。そこでオススメなのはドライフルーツ。「カンボジアン・ハーベスト」のドライフルーツは原料が全てカンボジア産。マンゴー、パパイヤ、パイナップルなど。スーパー、コンビニ、土産店等で販売している。「カンボジアン・ハーベスト」は地雷被害者を支援しているオーストラリアのNGOが前身の会社。

Tel:023-361143

マンゴー 英語:Mango クメール語:スヴァーイ40.Mango

輪多くの品種があるが、いずれも中央に平たい大きな種がある。マンゴーというと甘く熟したものを想像するが、カンボジア人は青く酸味の強いものを好む。これを塩胡椒につけて食べるのがカンボジア流。

3~4月|3000R/kg|全国

 

マンゴスチン 英語:Mangosteen クメール語:モンクット41.Mangosteen

「果物の女王」と呼ばれて人気が高い。表皮は黒っぽく、果肉は白色で数個の房に分かれている。上品な甘みと酸味を持ち、香りもよい。

11~2月|8000R/kg|モンドルキリ,ラタナキリ

 

ミルクフルーツ 英語:Milk Fruit クメール語:プラエタックドッ42.Milk Fruit

クメール語で「母乳」。軽くもむとミルクのような白い果汁が出るためこう呼ばれる。テニスボール大の大きさで、皮は紫色と緑色のものがあり、ツヤツヤと光沢がある。味と食感は柔らかい柿に近い。

12~2月|6000R/10個|全国

 

メロン 英語:Melon クメール語:トロソッ43.melon

皮が黄色いもの、網目のものなど様々な種類がある。日本のものに比べると甘みが薄い。カンボジアでは、若い果実を野菜として調理して食べる。見た目はきゅうりそっくりで、細長く緑に筋が入っている。

通年|5000R/kg|全国

続きを読む 1 2 3 4 5 6 7 8


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia