ホーム 過去のマガジン記事 特集: クメールフルーツ大百科 

カンボジアクロマーマガジン15号

クメールフルーツ大百科 

[写真] 西村 清志郎 [取材・文・制作] 矢羽野 晶子 

パイナップル 英語:Pineapple クメール語:マノアハ31.Pineapple

日本でもお馴染みのフルーツ。酵素とビタミンB1が多く、消化促進に効く。カンボジアではそのまま食べたり、料理に使ったりする。特に「ソムローマチュージュオン」という酸っぱいスープには欠かせない。

通年|1500R/個|コンポンチャム, バッタンバン

 

蓮の実 英語:Lotus クメール語:チューク32.Lotus

カンボジアではスナックとして生の蓮の実食べる。大豆より少し大きい緑の実はシャワーの蛇口のような額から取り出し、外皮をむき、割って中の柔らかい種を除いていただく。味は少し渋くほのかに甘い。

6~9月|500R/本|全国

 

パッションフルーツ 英語:Passionfruit クメール語:ポックロック33.Passion Fruit

赤紫色のテニスボール大の果物。中には無数の種にゼリー状の果肉がついており、味はかなり酸っぱい。砂糖を入れてジュースにしてもおいしい。主にスーパーマーケットで販売されている。

通年  1000R/個   輸入

 

バナナ 英語:Banana クメール語:チェーク34.Banana

カンボジアには多くの種類のバナナがあるが、最もポピュラーなのは次の4種。

『チェーク・オンヴァー』

煮てよし揚げてよし生でよしの、市場で最も出回っている品種。外見はころっとしていて、甘みが強くプリっとした食感。

『チェーク・ポーンモアン』

小ぶりのバナナで味が濃い。主に生食用。

『チェーク・オンボーン』

緑のバナナ。高地で栽培され、日本で食べられるバナナに相当。

『チェーク・クロアップ』

実の中に大きな種があり、味は渋くサラダなどに使われる。

 

パパイヤ 英語:Papaya クメール語:ロホン35.Papaya

ヘチマのような大きな果物で、果肉は濃いオレンジ色。ベータカロチンとビタミンCを多く含み、美白に効くと若い女性が好んで食べる。カンボジアでは、熟していないパパイヤはサラダやスープにする。

通年|2000R/kg|全国

 

ビロードタマリンド 英語:Velvet Tamarind クメール語:クロランニュ36.Velvet-Tamarind

背の高いマメ科の木になる。実は1.5cmくらいのペラっとした卵型で、皮はビロードのような感触がある。割ると種のまわりに少し果肉がついている。甘酸っぱく、少し苦い。

3~4月|1500R/缶|シェムリアップ,ポーサット

 

ぶどう 英語:Grape クメール語:トンペアンバイチュー37.Grape

カンボジアでは高級品のぶどう。全て海外産でタイやアメリカから輸入されている。皮が緑や赤紫、濃い紫のものがあるが、どれも皮ごと食べられる種類。時期を問わず値段が高い。

通年|25000R/kg|輸入

 

フトモモ 英語:Rose Apple クメール語:チャン38.Rose Apple

長さ3~5cmのボールもしくは卵型をした果実。果肉は白くスポンジのようなスカスカした食感で甘さは控えめ。匂いはバラのような感じ。そのまま食べるよりゼリーやジャムにしたほうがおいしい。

3~4月|500R/個|全国

 

プラムマンゴー 英語:Maprang クメール語:マップラン39.Maprang

びわを一回り小さくしたような見た目だが、熟したマンゴーのような味がする。中には大きな種がひとつあり、そのまわりに薄い果肉がついている。皮も食べられるがやや苦い。

2~4月|8000R/kg|全国

続きを読む 1 2 3 4 5 6 7 8


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia