ホーム 過去のマガジン記事 特集: クメールフルーツ大百科 

カンボジアクロマーマガジン15号

クメールフルーツ大百科 

[写真] 西村 清志郎 [取材・文・制作] 矢羽野 晶子 

果物、どこで買う? どうやって買う?

果物屋台や市場では、基本は量り売り。欲しい果物を好きな分量だけ買うことができる。ロンガンやライチなどは、試し食いもOK。クメール語でkgは「キロー」100gを1単位として「カム」。(100g=1カム。例えば300gは「3(バイ)カム」)。まずは果物を指して「1(ムオイ)キロー、ポンマーン(いくら)?」と聞いてみよう。スーパーではパック詰めされたものが定価で売られている。

 

なし 英語:Pear クメール語:セリー29.Pear

主に中国から輸入され、国産はない。日本の梨に比べて小さくガジガジとしていて、一昔前の梨を想像させる。甘みも酸味も薄い。洋梨もあるが、こちらのほうが高い。

通年|6000R/kg| 輸入

 

ナツメ 英語:Jujube クメール語:プットリア30.Jujube

直径3cm程の大きさの、青リンゴのような果物。市場でよく売られ、もっぱら生食用。甘みも酸味も強くなく、シャリシャリとした食感。女性が好んで食べる。

3~6月|5000R/kg|全国

続きを読む 1 2 3 4 5 6 7 8


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia