ホーム 過去のマガジン記事 特集: クメールフルーツ大百科 

カンボジアクロマーマガジン15号

クメールフルーツ大百科 

[写真] 西村 清志郎 [取材・文・制作] 矢羽野 晶子 

カンボジアには多くの果物がありますが、どのくらい知っていますか?こちらも保存版、カンボジアフルーツ全集。

 

アメダマノキ 英語:Gooseberry クメール語:コントゥーイッ1. Gooseberry

小高木に1~2cmほどの黄緑色の実を鈴なりにつける。実は角が6つあり上から見ると花のような形をしている。かなり酸味が強いので、カンボジアでは塩や砂糖をまぶして酸味味抜きをして売っている。

通年|3000R/缶|全国

 

インドメテング 英語:Burmese Grape クメール語:プニーウ2.Burmese Grape

果実は枝や幹から垂れ下がる紐に、ブランと直接つく。大きさは3cm程で果肉は白色半透明。いくつかの房に分かれており、それぞれに種が入っている。味は甘酸っぱく、食べた後に少し渋みが残る。

 4~5月|8000R/kg|シェムリアップ

 

ウッドアップル 英語:Wood Apple クメール語:クヴェット3.Wood Apple

果皮は茶色で15cm程の球形をしている。皮は硬く、二つに切ってスプーンですくって食べる。実はねっとりとしていて、若いものは白色で酸味が強く、熟すほどに甘く黒ずんでいく。

1~2月|1000R/個|シェムリアップ, バッタンバン

 

オレンジ 英語:Orange クメール語:クローイッ4.Orange

様々な種類が出回っているが、果皮が緑色のものがカンボジア産。気温が高く色付くのに必要な温度まで下がらないため緑のままだとか。日本のオレンジに比べると甘みが少なくさっぱりとしている。

3~6月, 9~12月|7000R/10個|バッタンバン,ポーサット, コンポンチャム, 輸入

続きを読む 1 2 3 4 5 6 7 8


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia