ホーム 過去のマガジン記事 特集: The Golden Age Of Khmer Rock 永遠の60-70sクメールロック

カンボジアクロマーマガジン37号

The Golden Age Of Khmer Rock 永遠の60-70sクメールロック

[取材・文] 小林 真之輔  [制作] 岡 克哉

 

A Galaxy of Khmer Rock MusIcIans

クメールロックのきら星たち

主張しあう きらめく個性

 

クメールロック黄金時代。三大レジェンドのみならず、ミュージシャンはきら星のごとくいた。ロックとクメール歌謡・伝統音楽のはざまで、それぞれが自分だけのスタイルを確立し、名曲を生み、その名をクメールロック史に刻んでいった。

 

Khmer_rock_5page_pic1

アメリカ・イギリスへの憧れ

「すてきなサンデー」「君の友達」など70年代初期の洋楽ヒット曲をクメール語で多数カバー。カンボジアに広く紹介した。オリジナル曲にはクメール歌謡的なものも。

代表曲

♪イエスタデイ・ワンスモア (Msel Minh Mdong Teat)

カーペンターズの往年の名曲を、飾らない演奏で素朴に歌い上げた名カバー。

 

Khmer_rock_5page_pic2

サイケポップの探求者

歌手としても、ラジオ番組の司会としても人気を博した才媛。日本文化にも興味があったのか「ズンドコ節」や「ソーラン節」のクメール版も残している。

代表曲

♪恋の夢 (Soben Snaeha)

「上質のゴールド」とも称された声で伸びやかに歌った、クールなロックナンバー。

 

Khmer_rock_5page_pic3

珠玉のロイヤルソングたち

一国の王でありながら、歌をはじめクラリネット・ピアノなどの演奏ほか作曲までこなした。カンボジアへの愛にあふれた優しい音楽は、広く国民に親しまれている。

代表曲

♪美しきケップ  (Beaute de Kep)

国王のケップへの愛が結実。東ドイツの楽団によるオーケストラ版も圧巻の洗練度。

 

Khmer_rock_5page_pic4

伝統音楽直系のポップス

バンドとの兼ね合いはなんのその。伝統楽器を大胆に使ったポップスで名曲を多く残した。内戦時にフランスへ逃れ、週末のパリで今もステージに立っている。

代表曲

♪夜の片思い  (Sneha Knong Pel Reatrey)

今もよく歌われカバーも多い、パーティーにぴったりのクメールダンスナンバー。

 

Khmer_rock_5page_pic5

洒脱で粋なイタリアの風

イタリアに留学し現地の歌謡コンテストで優勝。帰国し歌手となると、洗練されたポップスを多数発表した。カンボジアで初めてツイストを歌ったことでも有名。

代表曲

♪あぁクリスティーナ! (Ah! Ah! Cristina)

木琴やフルートをフィーチャー、イタリア語で歌った純度100%のお洒落ソング。

 

Khmer_rock_5page_pic6

反骨の表現としてのロック

ハッピーな歌が多いクメールロック界で逆に異色な、反体制の香りがするロックンローラー。クメールロックリバイバルブームの中で、欧米人に特に評価されている。

代表曲

♪シクロに乗って (Jis Cyclo)

60年代英米ロックのいいとこ取りの名曲。けだるくサイケな魅力が光る。

 

Khmer_rock_5page_pic7

いかがわしき親父ロック

強烈なルックスに似合う怪しい声で、ごった煮ハイテンションチューンを量産した。その一方で後進の育成には熱心。他ミュージシャンとのデュエットも多い。

代表曲

♪酒か女か (Sra Reu Srey)

1分間の酔っ払った笑い声から始まる、酒と女について畳み掛けるように歌った怪曲。

 

Khmer_rock_5page_pic8

クメール×ブリティシュ

ビートルズやザ・フー、ゾンビーズの影響が香る、イギリス寄りなロックで人気を得た。内戦を生き抜き、現在は息子がミュージシャンとしてプノンペンで活躍中。

代表曲

♪タバコを1本くれないか (Som Barey Muoy Derm)

「Give me one cigarette」からはじまる、ゆるさがクールな1曲。

続きを読む 1 2 3


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia