ホーム 過去のマガジン記事 特集: 甦るカンボジアシルク -途絶えた伝統の復活-

カンボジアクロマーマガジン7号

甦るカンボジアシルク -途絶えた伝統の復活-

<取材/文/写真:クロマーマガジン編集部> 参考文献:森本喜久男著『カンボジア絹絣の世界』(NHK出版)

 

カンボジアシルクの種類

ピダン

pidan

クメール語で天蓋を意味するピダンは、仏教儀礼における天蓋布として用いたり、仏像の背後に吊るしたり、あるいは結婚式や葬式などの儀礼の際に装飾として用いられてきた。寺や生命樹を中心に周囲に天女や像、ナーガ(蛇)、寺院や帆船などを配した宗教的なモチーフが多い。古い物の中には、全く繰り返しの無い柄により構成された布もあり、カンボジアを代表する絣といえる。絵絣とも呼ばれる。

ホール

hole

カンボジアの伝統的な織物を代表する、緯糸絣。その模様を作り出す糸括りの技術をジェンケトと呼び、その織り柄のモチーフは200以上あるといわれている。サンポット・ホール(サンポットはクメール語でスカート)と呼ばれる腰布用に織られるのが一般的で、古典的な草木染の色に基本を置く黄、赤、黒、緑、藍など5色のものが代表的。しかし、それらは織り手の記憶のなかにあり記録されていない。現在は戦乱のためにそれらの高度な技術を受け継ぐ織り手が激減し、残された人々も高齢化しているのが現状。

パムアン

parmon

経糸と緯糸に反対色または異なる配色の染め糸を使い、なおかつ綾織りで織ることによって玉虫色に輝く布。パムアンは柄がないが、玉虫色の光沢を生かすには、染め色の美しさと、織りの均一感が求められる。 赤の経糸と深い緑の緯糸による、クメール語でコーティア(アヒルの首の色)と呼ばれる配色が有名。布の袖口に紋織りが施されているものもある。

サロン

日常着の腰布。サロンの基本は縞柄で平織りで織られている。庶民の布とも呼べるもので、シルクだけではなく、木綿でも織られてきた。カンボジアの田舎では現在も日常で使用されている。

クロマー

krorma

汗を拭く、頭に被る、ものを包む、腰に巻く、赤ん坊をあやすなど。カンボジア人なら一人に一枚はもっている多目的タオル。青と白、赤と白の配色の小さなチェック柄が代表的。綿生地が一般だが、シルクのものはパーティなどでストールとして使われたり、カンボジアのお土産としても人気。

 

続きを読む 1 2 3 4 5


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia