ホーム 過去のマガジン記事 冒険シリーズ: 国境をめぐる冒険:第5回

カンボジアクロマーマガジン34号

冒険シリーズ
国境をめぐる冒険:第5回
下川裕治(しもかわ・ゆうじ)

カンボジアはタイ、ラオス、ベトナムと国境を接している。外国人でも越境可能ないくつかのポイントがある。今回はプノンペンからメコン川を遡り、ラオスに入国するルートを──。
simokawa-photo-34

 カンボジアから陸路で隣国に越境するポイントは、タイとベトナム国境に多い。しかしカンボジアはラオスとも接している。そしてひとつのボーダーが開かれている。

 プノンペンの日本橋近く。そこを出航するボートに乗った。目的地はクラティエ。ボートはトンレサップ川からメコン川に入り、一気に北上していった。船には兵士が多かった。クラティエの川沿い宿に一泊。さらに北のストゥントレンをめざした。

 1996年のことだった。国連の管理下で総選挙が行われ、形としては新しいカンボジアがスタートして2年しか経っていなかった。まだ治安は不安定だった。

 当時のカンボジアは、事前にビザを取得しなくてはいけなかった。ベトナムのホーチミンシティでビザをとったのだが、その職員に訊いてみた。そもそも、カンボジアからラオスに陸路で抜けることができるか……。それすら頼りない情報しかなかったのだ。

 「一応、抜けることはできます。でも、危険です」

 そういわれた。カンボジアの大地を席巻した長い戦争は終わっていた。しかしまだ武器が溢れていた。銃を手にしながらの暮らしは、カンボジア人の日常に織り込まれていた。フン・セン政権はその上にできあがっていた。

 「制服を着た兵士は安全になってきた。気をつけなくちゃいけないのは、私服で銃を持っている男たちだ」

 プノンペンにいたカンボジア人の知人はそういった。

 ストゥントレンで乗り込んだのは、木造の老朽船だった。20人も乗ればいっぱいになってしまう。
 船はのろのろと北上していった。4時間ほど進んだ頃だった。対岸から小さな船が近づいてきた。Tシャツ姿の男が4人乗っていた。全員が銃を持っていた。ひとりはランチャーまで担いでいる。

 「私服で銃を持った奴らが危ない」

 船のなかでその言葉を噛みしめる。まんじりともしない時間がすぎていく。僕が乗る船の船頭となにやら話をしている。交渉が成立したのだろうか。AK-47を改造したような銃を持った若い男が乗り込んできた。

 船は音もなく流れるメコン川を北上していく。太陽は高く、船内の気温はじりじりとあがっていった。静かだった。

 「パーン」

 うとうとしていた僕は、銃声で目が覚めた。硝煙のにおいが漂ってくる。前方を見た。乗り込んできた男が、得意気に笑った。あまりに静かなメコンの流れに苛立つかのように、空に向けて引き金を引いたのだった。

 おそらく彼は用心棒として、この船に乗り込んできたのだろう。船頭からいくばくかの金をせびったのに違いなかった。

 メコン川は静かに流れていた。

 しかし銃が溢れていた。

 ストゥントレンに着いたのは、その日の午後4時近くだった。                   
                                             (この項続く)


下川裕治(しもかわ・ゆうじ)

1954年生まれ。旅行作家。アジア、沖縄に関する著作が多い。近著に『世界最悪の鉄道旅行ユーラシア横断2万キロ』(新潮文庫)、『「生きずらい日本人」を捨てる』(光文社新書)。最新刊は『不思議列車がアジアを走る』(双葉文庫)
アマゾンで検索する

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

バックナンバー

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia