ホーム 過去のマガジン記事 アジアン便り: お題 : お酒のつまみ

カンボジアクロマーマガジン38号

各国のフリーペーパー編集部がコラボしてお伝えするアジアン便り。今回は各国のお酒のつまみをご紹介。

フィリピン  Philippines

asian-phili

サン・ミゲルのビール

ビール好きよ集まれ!常夏フィリピンのおつまみ

 

 常夏フィリピンでは、のどごしすっきりなビールが一年中大人気。サンミゲルというブランドを筆頭に、この国ではビールがとてもよく飲まれている。(写真)日本ではあまりビールを飲まなかった人が、フィリピンでビール好きになったという話も耳にする。そんなフィリピンだからこそ、ビールによく合うおつまみも豊富だ。今回は、その中から特にポピュラーで日本人にも親しまれている二品を紹介。

 

 まずは、チチャロン(Chicharon)。豚の皮を揚げて塩をまぶした「THE・ビールのお供」ともいうべき一品。お店や自宅でカリッカリの揚げたてをいただくも良し、もっと手軽にスーパーで袋入りを買うのもまた良し。サリサリストア(コンビニエンスストアのように何でも売っている小規模の小売店)では、なんと5ペソで買えてしまう。日本円だと約14円(1ペソ=2.7円)と安い。これは毎晩のお供にしたくなるのもうなずける。また、このチチャロンを唐辛子入りのビネガーをつけるフィリピン流の食べ方はおすすめだ。油っこさが和らいで、くせになる美味しさになる。食べ過ぎには要注意…!

 

 お次は、シシグ(Sisig)。細かく切った豚肉と玉ねぎを炒め、ビネガーや唐辛子、醤油で味付けをしたもの。濃いめにしっかり味付けされているので、ご飯にもビールにも非常によく合う。先ほどのチチャロンと同様、カラマンシーというすだちのような柑橘類をしぼって酸味をプラスすると、ますます箸がすすむようになる。

さあ、あなたもフィリピン流おつまみをお供に、ビールで乾杯しよう!

 

文:原崎瞳(プライマー編集部)

asian-phili-cover

http://primer.ph
ライフスタイル関連の情報を中心に、フィリピンのあらゆる情報を網羅した比国で初の日本語情報誌(月刊・無料)。フィリピン生活を快適に過ごすアイデア情報満載のウェブサイトも運営しています。

ajian_30_3

ラオス  Laos

asian-lao

塩漬けにされた水牛の皮

水牛の皮

 

 一般的に、獣の皮といえばバッグやコートにするというイメージが強い。命を守っているだけに丈夫である。なめすと人を魅了する美しさへと変化する。さて、ラオス。皮も残さず食用とする。水牛のものである。

 

 愛らしい瞳に立派な角。大きな図体で田畑の平和を闊歩する。ラオス北部ではこの水牛も食用として絞められる。肉はラープに、皮は塩漬けにした後、干される。黒と白のツートーン。硬い毛根はそのままに箸ケースぐらいの大きさに切られ一束に括られる。その束から一つ二つを取り出し、燃え盛る焚き火に放り込む。毛は焼け、全体は白く灰色に変わり、すぐに真っ黒焦げになる。その黒い物体を取り出し鉈(ナタ)で焦げを削ぎ落とす。そしてキャラメル程度の大きさに切り刻む。

 

 熱いうちが勝負だ。冷めると、命を守る使命を背負った本来の「獣の皮」に戻る。そうなるとゴムのように硬く、歯が欠けること必至。獣と塩の旨味。噛むほどに味わいが増す。かなり塩辛い。もち米から蒸留された田舎焼酎が進む。大地から摂れた塩、獣、もち米焼酎が口の中で溶け合う。ラオスの大自然を感じる野趣溢れる伝統のおつまみだ。

 

文:森 卓

asian-lao-cover

テイスト・オブ・ラオス(TOL)2004年9月創刊。斬新でディープな特集。ラオスをこよなく愛す執筆陣によるコラム。主要都市の便利なマップとインデックス。首都ビエンチャンのワッタイ空港などで無料配布。今年からはリニューアルしたラオス情報ポータルサイト「LAOSTA」と誌面特集の連携を試みる。一部、東京代々木公園開催の「ラオフェス」との連携企画あり。開催は5月23-24日。


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia