ホーム 過去のマガジン記事 アジアン便り: お題 : 地元の交通事情

カンボジアクロマーマガジン35号

各国のフリーペーパー編集部がコラボしてお伝えするアジアン便り。今回は、各国の交通事情です。

フィリピン  Philippines

asiantayori_35_Philippines1

町のいたる所で見かけるジプニー

まるでクラブ!?フィリピンに来たらジプニーに乗ろう

 

 ジプニーとは、フィリピンに来たら誰もが目にする乗合バスだ。第二次世界大戦にフィリピン駐留アメリカ軍による払い下げジープを改造して作られたのが始まりといわれ、初乗り8ペソ(約20円)の運賃の安さとどこでも乗り降りできる利便性から、庶民の足となっている。今回はそんなジプニーの夜に乗ってみる楽しさをまとめてみた。
 基本的に、ジプニーの持ち主は自分でデザインを決めそして車体にこだわりのデコレーションを施すため、一台として同じデザインはないと言われている。まるで一つの芸術とも感じられるデコレーションは、夜になると更にライトアップまでされ、道路は何台もの煌びやかなジプニーで溢れる。ではパーティ会場に(車内)に突入してみよう!
 入るや否や、ドンッドンッというスピーカーの低音に全身を包まれる。そう、ここは小さなクラブなのだ。今回乗った車内は、赤と黄色、そして緑のライトが音楽に合わせて変化してゆき、助手席に乗った車掌のお兄ちゃんが音楽を操作していた。ちなみにお客さんが何か話しかける時は音量を下ろしてくれるので安心だ(笑)
 フィリピンの町中に多くの音楽スピーカーや機材を扱うお店がよくみられるように、フィリピン人の多くはパーティやクラブといった雰囲気が大好き。そんな文化を日常的な乗り物でも感じられるのもまたおもしろさの一つだ。
 ただ、夜のジプニーや公共交通機関はひったくりなどの犯罪も多いので周囲に十分な注意を払いながら乗車することが重要。

 

 

文:中川大己 (プライマー編集部)

 asiantayori_35_Philippines_book

http://primer.ph
 ライフスタイル関連の情報を中心に、フィリピンのあらゆる情報を網羅した比国で初の日本語情報誌(月刊・無料)。フィリピン生活を快適に過ごすアイディアや情報満載のウェブサイトも運営しています。

ajian_30_3

ベトナム Vietnam

asiantayori_35_Vietnam1

 

日系企業がメトロ1号線の工事を受注している

ベトナム初の地下鉄工事が遂に始動!

 

 「ベトナムの交通」と聞いて、多くの人が思い浮かべるのがバイクだろう。日系バイクのブランド力は相当なもので、ベトナム人はバイクのことを「ホンダ」と呼ぶほど。高性能な日本製のバイクを持つことは、ひとつのステータスでもあり、老若男女問わずバイク選びには余念がない。ベトナム人にとって、バイクは生活の足以上の存在でもある。街を歩けば、バイクの上で昼寝する男性、バイクの上に座り語り合う若いカップルの姿なんていうものも、「ベトナムあるある」なのだ。
 しかしハノイやホーチミン市などの都市部では、朝夕の通勤ラッシュともなれば道路を無数のバイクが埋め尽くし、あちらこちらで大渋滞が巻き起こる。そんな都市部の渋滞を緩和すべく、ホーチミン市とハノイではベトナム初となる都市鉄道の計画が進められてきた。今年4月、ようやくホーチミン市でメトロ1号線地下駅の着工が始まり、開通目標は2019年だという。ホーチミン市の地下鉄は最終的に6路線167駅になる予定で、すべての路線が開通すれば、人々の生活は確実に変わる。ベトナムが豊かに、そして便利になるのは嬉しいことだが、バイクの上で気持ち良さそうに眠る人々の姿が減ってしまうのは少し寂しくもある。

 

文:大久保民(ベトナムスケッチ編集部)

 asiantayori_35_Vietnam_book

ベトナムの生活・観光情報を余すところなくお伝えする。ベトナム初日本語情報誌。A4サイズにリニューアルし、内容もさらにパワーアップ。ハノイ、ホーチミン市ダナンなど、ベトナム全土の旬の話題をご提供。


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

バックナンバー

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia