クロマーマガジン

お役立ちカンボジア情報が満載!
現地発のマガジン&総合情報サイト「クロマー」。

ホーム マガジン クメールの食: Vol.1 トタン屋根とパラソルの下で。

カンボジアクロマーマガジン40号

 

 カンボジアの魅力って何だろう。最大の観光地、アンコールワットの遺跡群は世界的に有名で、世界中から旅人が訪れる。カジノに行ってみたいからプノンペンに滞在、という射幸的な向きもある。

 

 しかし実は、この国の魅力は田舎町にある。豊饒なメコン流域と、そこに住む人びとの暮らし。東部カンボジアのジャングルの静寂。シャム湾に面した港町と海風の吹く浜で過ごす数日。カンボジアはバス路線が充実していることもあり、街を離れれば、心のむくままに小旅行ができることが、この小さな国の一番の恩恵ではなかろうか。

 

 僕は、山でも海でも、自分の好きなところに辿りついたら、まずは市場を訪れる。クメールの昔ながらの市場は、20世紀の雰囲気を色濃く残しているものだ。破れトタンの屋根の下、木の縁台にハスの葉を幾枚か敷き、野菜や雑多な魚が売られている。

 

 こうした市場の環境は、昔の日本人には受けなかった。戦後の貧しさを必死に忘れようとした昭和の日本人には、一見貧しさを感じさせる市場の風景が魅力ではなかったのだろう。

 

 しかし、地元で獲れた魚や野菜を市場で売り、食べ、満足し、暗くなれば寝る。その生活は貧しさなどは少しもない、芳醇な世界である。


園 健

写真家。料理研究家。広告代理店勤務を経て独立。
1994年からベトナム、カンボジアで、旧フランス植民地をテーマにした撮影に取り組み現在に至る。
南国ハーブと魚醤の料理サロン&キッチンスタジオ『アンドシノワーズ』を東京で主宰。
ホームページ: http://indochinoise.com/ http://sonoken.net/

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

バックナンバー

facebookいいね!ファンリスト