ホーム 過去のマガジン記事 特集: はじめての 「ランクサール」 プノンペン ナイト フィーバー

カンボジアクロマーマガジン34号

はじめての 「ランクサール」 プノンペン ナイト フィーバー

[取材・文] 小林 真之輔 [制作] 岡 克哉

2p_f2_T

ランクサールで踊られるダンスは、大きく分けて11種類。その中には、カンボジアのお祭りや結婚式などで踊られる、伝統的な社交ダンスも含まれている。ランクサールで踊りを楽しめば、カンボジアのことがもっとわかる!かもしれない。

お祭りなどで踊られる

~伝統的な社交ダンス~2p_f2_1ロアム・ボン / Rom Vong

最もポピュラーな社交ダンス。男女のペアで、男性は女性の後ろに寄り添うようにして踊る。手を、腰のあたりから時計回りに半円を描きつつ胸の前に出す。「はい、これあげる」の動きだ。

2p_f2_2

サラヴァン / Saravan

腰の高さで羽ばたくように両手首を動かし、交差させ、戻す。ステップはロアム・ボンと同じだ。男女ペアで踊るときも同様、女性のすぐ後ろに男性。男女で左右逆になるように体を振る。

2p_f2_3

ラム・リウ / Lam Leav

「リウ」はラオスの意。主にラオスで踊られているダンスで、ロアム・ボンのテンポを早くしたような音楽。ダンスもほぼ同じだと思えばOKだ。

2p_f2_4

ロアム・クバッチ / Rom Kbach

ロアム・ボンをゆるやかに、優雅にしたようなダンス。ゆっくりと大きなステップに、手は指先まで意識してスローに。女性がきれいに踊ると、アプサラダンスのよう。

2p_f2_5

チョー・カンプース  / Chok Krapeus

ロアム・ボンをゆるやかに、優雅にしたようなダンス。ゆっくりと大きなステップに、手は指先まで意識してスローに。女性がきれいに踊ると、アプサラダンスのよう。

 

~外国由来のダンスをアレンジ~

2p_f2_6

チャチャチャ  / Cha Cha Cha

キューバにてマンボから発展した「チャチャ」がベース。カンボジアでは60年代に広まったという。男女で向き合い、腕を振って軽快に踊る。

2p_f2_7

マディソン  / Madison

50年代後半にアメリカで生まれたダンスで、ブルース調のロックに合わせてステップを踏む。外来のダンスながら、クメール正月などでも親しまれている。

2p_f2_8

タンゴ  / Tango

カンボジアで踊られているものは、発祥地である南米からヨーロッパを経由した「コンチネンタル・タンゴ」。ランクサールでタンゴを華麗に踊れる人は、欧米系の常連客とベテランの女の子のペア…くらいだろう。

 2p_f2_9

ロアム・スロウ / Rom Slow

いわゆるチークダンス。照明を落とした中、男女が身を寄せ合ってロマンチックに揺れる。カンボジアの若者は「恥ずかしい」とあまり好まないが、中年世代では夫婦で仲良く踊る姿も。ノロドム・シハヌーク元国王も愛好したダンスだ。

 

~ポピュラーミュージック~

2p_f2_10

ロック & ポップス  / Rock & Pops

欧米曲のカバーは、デル・シャノン 「悲しき街角」などオールディーズの名曲からブルージーなものまで。クメールロックは、60年代のロ・セレイソティアやパン・ロンなどの曲が人気だ。ロックの踊り方にルールなし。ただ音に揺られよう!

2p_f2_11

70-80’s ディスコミュージック / Disco Music

ディスコブームの人気曲たちがここに集結!ビージーズ、アース・ウィンド&ファイヤー、KC & ザ・サンシャイン・バンドなど、懐かしの定番曲がずらり。あの頃のように踊ろう!

 2p_f2_r1

Egypt Entertainment Club

エジプト・エンターテインメント

ツタンカーメンのマスクやスフィンクスなどをあしらったユニークな外観が目印。店名の由来はオーナーいわく「カンボジア人はみんなアンコール○○とか付けるから、自分は違う遺跡にしたんだ!」とのこと。若者客も多く見られ、連日賑わっている。雰囲気・サービスなどトータルバランスの良いランクサールだ。食事も可能。

指名料 : 5US$ ビール料金 : 3.5US$/小ビン  入場料 : なし 併設する施設 : KTV
電話番号 : 097-6060777 営業時間 : 21:00-26:00 無休 住所 : No.14, St.112  (地図 : ①B-3)

2p_f2_r2

Marock

マロック

2013年オープンのためランクサールの中で最も綺麗、かつ女の子のレベルにも定評があり、政府関係者などVIPも多く訪れている。ステージでは日本の演歌に近いメロウな曲なども多く演奏されている。少し冷房が強く、長袖か羽織るもの持参での訪問がおすすめ。また、建物外観に英語表記はないので注意したい。

指名料 : 5US$ ビール料金 : 3.5US$/小ビン  入場料 : なし 併設する施設 : KTV,クラブ
電話番号 : 012-262999 営業時間 : 21:00-26:00 無休 住所 : No.56, St.21 (地図 : ①B-4)

2p_f2_r3

Golden Town

ゴールデン・タウン

2005年オープンと、現在あるランクサールの中では一番の老舗。場所はボンケンコン1にありアクセス良好。客層は35~90歳と他店より幅広く、ファミリー客にも愛されている。老若男女問わずフロアで踊る様子は、見ているだけでもおもしろい。演奏はディスコミュージック、ロックなどの割合が高く、ランクサール初体験にも最適。

指名料 : 5US$ ビール料金 : 3.7US$/小ビン  入場料 : なし 併設する施設 : KTV,レストラン
電話番号 : 023-302888 営業時間 : 19:30-25:00 無休 住所 : No.412, Monivong (地図 : ⑤A-5)

2p_f2_r4

City Light

シティー・ライト

シティモール正面、ネオンが点滅する煤けたビルに書かれた「不夜城」の文字…。怪しいB級スポットの香りとは裏腹に、中は健全なランクサールになっている。他店よりこぢんまりした店内狭だが、ステージとの距離が近く、踊りで輪になると他店に勝る一体感が生まれて楽しい。75歳のオーナーも、毎日バリバリ踊っている!

指名料 : 5US$ ビール料金 : 3.5US$/小ビン  入場料 : なし 併設する施設 : KTV,レストラン
電話番号 : 012-592930 営業時間 : 19:30-25:00 無休 住所 : No.33, St.217 (地図: ①B-4)

 

※地図は本誌の地図番号です。

続きを読む 1 2


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia