クロマーマガジン

お役立ちカンボジア情報が満載!
現地発のマガジン&総合情報サイト「クロマー」。

ホーム マガジン 男のローカルひとり飯: 第6回 名店はフリースタイル

マガジン記事|ローカル飯

  • 第6回 名店はフリースタイル

         The Litzというとんでもない名前のホテルの隣の当店は何から何までフリースタイル。入店すると魚、肉、そして様々な野菜などが並んでいるところでいきなり何食べる?と聞かれる。そこで食材や調理方法そして

    カテゴリー:マガジン記事
  • 第5回 ミーチャー見入っちゃう!

         ローカル好きの日本人シェフからオススメの繁盛店として強く推奨された店。大きな鉄のフライパンに油や謎のどろりとした濁った液体を流し入れ、チャンポンで使うような太めの小麦麺、青菜、もやし、牛肉をコテを使い

    カテゴリー:マガジン記事
  • 第4回 ローカルライスでローカライズ

         通たる者、ローカル朝飯でお気に入りのバイサエックチュルック(豚肉ご飯)の店の1店舗や2店舗は当然押さえてるものだ。当店もありふれた屋根無しの路上店だが、個性と主張のある一品を提供している。まず、肝心の

    カテゴリー:マガジン記事
  • 第3回 ヤサイ星人

         野菜が好きだ。野菜ならいくら食べても太らないと脳が勘違いしている。野菜を食べているときは食事の際に普段生じる罪悪感がないため、食欲が止まらないことが多い。そんなヤサイ星人な自分が足繁く通ってしまうのが

    カテゴリー:マガジン記事
  • 第2回 くいてぇクイティウ

       プノンペンで最もポピュラーな麺料理は細い形状の米麺のクイティウだろう。そして、クイティウと言えば、その独特の歯ごたえにこそ魅力がある。しかし、温かいスープの中では麺が直ぐに伸びてしまうので、通としてはクイ

    カテゴリー:マガジン記事
  • 第1回 ある日の鴨飯

       プノンペンにて復活した男のひとり飯シリーズ、当地では5US$を上限とした名店のご紹介。第一弾は、リバーサイドを少しだけ奥に入った一画にあるたまらなく美味いDuck Rice(鴨飯)屋。まあ、duckは鴨で

    カテゴリー:マガジン記事