ホーム ニュース 国内 政府がガソリン値下げを要求

政府がガソリン値下げを要求

20日、政府は国内給油各社に対して、給油価格を国際水準に合わせて下げるよう声明を発表した。


商業省が発表した声明によると、大手給油会社ソキメックス、タイのPTT、BVMは平均価格を1.25$から1.17$近くに、また中小給油会社サビメックスは平均約1.10$にするよう要求。「ガソリン価格の値下げは、政府が国民の生活向上をサポートしているということを示すものだ」


一方、大手給油会社PTTは「政府からの圧力は全くない。値下げは国際価格に従った結果だ」としている。PTTによると、シンガポ-ルでは1バレルあたりの価格が9月は108.63$であったが、10月には93.73$に下がり、11月19日時点では89.86$まで下落した。


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia